カテゴリ:Day( 267 )

明けましておめでとうございます。
e0177766_1959307.jpg
今年も皆様に沢山の幸が訪れます様に♪

ぽちっとワンクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2016-01-01 01:01 | Day | Comments(0)

京都 %ARABICA KYOTO
e0177766_1532921.jpg
香港発のコーヒーロースターのお店が八坂の塔のすぐ側にあります。
2014年ラテアートで世界チャンピオンになった山口さんの作るラテのクリーミーだけど爽やか
e0177766_153486.jpg
お客さんが皆戸惑うドアは横開き日本風!
e0177766_1541134.jpg
色々な雑誌で必ずお目見えしている山口さん腕もいいけど笑顔も素敵♪
e0177766_1542477.jpg
世界各国のスペシャルコーヒーの生豆
e0177766_1543646.jpg
センスの良い店内は京都の新名所になりそうです。
e0177766_1545436.jpg
このマーク実は「パーセント」じゃなくて木の枝にコーヒー豆をイメージしたマークだそうです。

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2015-03-16 15:01 | Day | Comments(0)

京都 sousou 着衣
e0177766_14222685.jpg
中国茶のレッスンが定着しだして着るようになっsouspouの和服
女性用の展開をしている「着衣」は着やすくてとても素敵です。
最初は柄のインパクトに戸惑いましたが身に着けると着心地も良くてとても楽です。
中国服は少し抵抗があったのでsousouの和服は私にとって救世主でした。
インターネットで各店舗の店員さんがモデルとして着られているのですが
モデルさんの自然体が着てみたいと気持ちをそそらせるのかも!
絶対似合わないと思っていたのが着てみるとかっこ良く着れたり
sousouのテキスタイルは本当に不思議です。
羽織を決めてジバンを合わせ袴を合わして靴下、履物は地下足袋
sousouの全店舗が隣接しているので一度に全部揃っているのが便利♪
たとえばこの組み合わせに合わせる地下足袋をと思うと地下足袋専門店から
選んで持って来てくれます。
そう本当に親切でかゆい所に手が届くのにやられちゃいます。
e0177766_14224853.jpg
東山三十六峰(ひがしやまさんじゅうろっぽう)
e0177766_14225877.jpg
フランス履物美術館寄贈商品の菊2
e0177766_14231052.jpg
大寒
e0177766_14233478.jpg
芙蓉2
e0177766_14234648.jpg
雲龍
e0177766_1424840.jpg
間がさね 宮美(まがさね みやび)2
e0177766_14242342.jpg
丸に小菊 小(まるにこぎく しょう)

最初は興味はあるけど着る事に抵抗がありましたが身に着けると
不思議な気持ちになります。
老若男女、赤ちゃんからお年寄りまで誰が着ても似合うのが不思議な魅力でもあります。

こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2015-03-05 14:20 | Day | Comments(0)

あれから20年  今思う事・・・・
e0177766_14441346.jpg
6434人が亡くなった阪神・淡路大震災から17日で20年になり、
被災した地域では地震が起きた午前5時46分に合わせて犠牲者に黙とうをささげました。
数前からはTVの特番が流れ私達が味わった地震の惨劇を映し出していました。
そんな中週末に見たドラマが、違う角度で震災への思いを感じさせてくれました。
「上流階級 富久丸百貨店外商部」
e0177766_14451724.png

原作 高殿 円
脚本 黒岩勉(ストロベリーナイト、黒執事)
企画 成河広明(ストロベリーナイト、リーガルハイ)

竹内結子さん演じる神戸老舗百貨店の外商部女性の奮闘ぶりをユーモラスに
描いたドラマでした。
リズム感が、あり出てくる舞台で私の住んでいる街がとても素敵に使われていました。
モデルになった百貨店は神戸元町大丸百貨店でした。
神戸で生まれて神戸で育った私には大丸百貨店は特別な場所です。
子供の頃に両親に連れられ買い物をする為に通った特別な所です。
買い物後の屋上で乗り物に乗ったり旗の付いたお子様ランチを食べたり
子供だった私には夢が沢山詰まった場所でした。
震災で大丸百貨店がクローズして開業がいつになるか分からない月日が
とても寂しく心を不安にしていました。

当時は三宮駅からの運転がストップしていて住吉駅まで行き
JRで時間をかけて大阪まで食料品などを買いに行っていました。
神戸とは違って大阪の百貨店はキラキラ輝いていました。
それがとても悲しくて涙が出てきたのを思い出します。
早く大丸百貨店を開業して欲しい、それは神戸市民の願いでもありました。
3ヵ月の休業ののち、3分の1の面積で営業を再開
沢山の人が並ぶ行列の中に私も並びました。
神戸市民が待ちに待った2年2か月後の復興グランドオープン
それは私達に希望を与えてくれる忘れられない日でした。
石造りのコリドールの上には、あの懐かしい大丸のシンボル孔雀のレリーフが、ありました。
孔雀はキリスト教では「永遠」を意味しているそうです。
大好きな大丸百貨店を舞台にしたドラマ
主人公の竹内結子さんが仕事の合間に立ち寄った場所
週末にビアンと車でお散歩に行くポートアイランドから神戸市内を眺める事の
出来る特等席でした。
このシーンを見て色々な問題も残っていますが
神戸にも平穏な日々が戻っているのだと思いました。
e0177766_14462273.jpg
昔に比べてドラマでの役者さんの衣装が少しチープに感じるご時世でしたが
このドラマは久しぶりに素敵なファッションが見る事が出来て楽しめました。
by j_noel | 2015-01-17 05:46 | Day | Comments(0)

京都 ゑびす神社
e0177766_1985674.jpg
残り福を求めて西宮神社・大阪今宮神社と並んで日本三大ゑびすと称される
京都ゑびす神社に参りました。
e0177766_1991520.jpg
「商売繁盛、笹持って来い!」の発祥は、こちらの神社だそうです。
酒=笹から段々笹を飾る風習になって行ったと言われています。
e0177766_1995874.jpg
沢山の福飾りや絵馬が何だかおままごとのように並んでいます。
e0177766_19101665.jpg
私は宝船
e0177766_19103315.jpg
笹は縁起物の松竹梅の竹の葉で、「節目正しく真直に伸び」「弾力があり折れない」
「葉が落ちず常に青々と繁る」といった特徴から家運隆昌、商売繁盛の
象徴となっています。
この福笹授与は、ここ京都ゑびす神社から始まったようです。
e0177766_1911389.jpg
有名どころの名前がありますね!
e0177766_19111925.jpg
えびすさんは、お年寄りの神様なので、ちょっと耳が遠くなり
本殿前の鈴を鳴らすだけでは気が付かないので本殿の奥の神様が居る
すぐ横の壁をトントンと叩いて「お詣りに来ましたでぇ」と知らせます。
この時板を優しく叩くのです。
e0177766_1911326.jpg
正月そうそう凶のおみくじだったので再チャレンジしたら1番の大吉♪
商売繁盛してほしいなぁ!

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2015-01-12 22:08 | Day | Comments(0)

着衣
e0177766_15494041.jpg
来月から新しいお茶会が始まるので気分を新たに着衣を新調しました♪
sousouのブランドKIGOROMOは自由で楽しい新ジャンルの和装です。
半襟タイプになっているジバンと言うTシャツに麻の羽織を合わせました。
e0177766_15541183.jpg
円→縁が増しますようにと思いを込めた丸い柄
気持ちを一層引き締める意味できりっと前で結ぶタイプにしました。
e0177766_15572672.jpg
足元もコーディネートして足袋風靴下、小菊柄です。
どちらかと言えば形から入るのが好きなタイプで・・・・・(笑)

ぽちっとワンクリックお願いいたします。
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-08-18 15:48 | Day | Comments(0)

京都 五山の送り火
e0177766_15255861.jpg
今年の五山の送り火は雨と悪天候の中おこなわれました。
昨日は土砂降りに遭遇してずぶ濡れ・・・・・・
少し風気味なのでゆっくりと五山の送り火の名残をお家で行いました。
sousouと京和菓子の老舗 長久堂のコラボした可愛いお干菓子セット
e0177766_15372053.jpg
大文字、舟形、鳥居形
e0177766_1540927.jpg
8月16日、点火が始まった20時に濃い目の前茶でちびちびといただきました。

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-08-16 20:00 | Day | Comments(0)

七夕伝説
e0177766_16212680.jpg
7月7日七夕の夜、天の川で織女と牽牛の1年に1回だけ逢瀬出来るという古くから
伝わるラブストーリー
天帝という神様が星空を支配していた頃天の川の西の岸に
織女という天帝の娘が住んでおりました。
織女は機織り(はたおり)がたいへん上手で彼女の織った布は雲錦と呼ばれ
色も柄も美しく丈夫で着心地も軽い素晴らしいものでした。

天の川の東の岸には牛飼いの青年、牽牛が住んでおりました。
牽牛は毎日、天の川で牛を洗い、おいしい草を食べさせたりと、
よく牛のめんどうをみる働き者でした。
天帝は来る日も来る日も働いてばかりいる娘を心配して娘の結婚相手を探す事にしました。
そして天の川の向こう岸に住む牽牛を見つけると2人を引き合わせ
結婚させましたが一緒に暮らすようになると2人は朝から晩まで天の川のほとりで
おしゃべりばかりをしています。
e0177766_16214044.jpg
これを見た天帝も始めはこんな2人の様子を新婚だからと大目にみていましたが、
いつまでもそんな有様が続くと眉をひそめざるを得ません。
天帝はすっかり腹を立ててしまい2人の所へ出向くと、
「織女よ、はたを織る事が天職である事を忘れてしまったのか。
心得違いをいつまでも放っておく訳にはいかない。
再び天の川の岸辺に戻って機織りに精を出しなさい」と言い
「心を入れ替えて一生懸命仕事をするなら1年に1度、
7月7日の夜に牽牛と会う事を許してやろう」と申し渡しました。
e0177766_1622476.jpg
それ以来、自分の行いを反省した織女は年に1度の牽牛との再会を励みに、
以前のように機織りに精を出すようになりました。
牽牛も勿論思いは同じ、働いて働いて...7月7日を待ちました。
こうして牽牛と織女は互いの仕事に励みながら7月7日の夜を指折り数えて迎えます。

ところが2人が待ち焦がれた7月7日に雨が降ると、
天の川の水かさが増して織女は向こう岸に渡ることができなくなります。
川下に上弦の月がかかっていても、つれない月の舟人は織女を渡してはくれません。
2人は天の川の東と西の岸辺にたたずみ、
お互いに切ない思いを交しながら川面を眺めて涙を流すのでした。
e0177766_16221311.jpg
本来の七夕は旧暦に祝われたもので旧暦(2013年は5/29)だと北東から
南西の宵の空高く天の川が流れ、 その両側の岸辺にはべガ(織姫)とアルタイル(彦星)、
天の川の川下には、 なかなか会えない2人の間を無情に通り過ぎ、
連れない舟人にたとえられる上弦の月がかかり中国に古くから伝えられてきた
七夕伝説の夜をみることができます。
ベトナムではかささぎの代りにカラスがその役目を務めます。
ベトナムでは7月はカラスが飛び立つ月といい飛び立ったカラスはそのまま銀河まで行って
2人の為に橋になってやるのだと言われているそうです。

七夕伝説の逸話は色々ありますが私は牽牛と織女が1年に1回やっと逢えて嬉しすぎる
2人の流す歓喜の涙だと思いたいです。

ぽちっとクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-07-07 07:07 | Day | Comments(0)

麗しの迎賓館 長楽館
e0177766_2017781.jpg
先日日高シェフ×永谷シェフ 師弟 共・競・饗宴があったイタリアンレストランCORAL
のある長楽館その宴があまりにも素晴らしくオーナーのお心使いが
嬉しくて再び長楽館にうかがいました。
e0177766_20241472.jpg
円山公園内の有名な枝垂れ桜のすぐ近くにある長楽館は明治の煙草王「村井吉兵衛」の
別邸として建てられもので当時は国内外の賓客をもてなされ西の迎賓館とも
言われたそうです。
e0177766_2032576.jpg
最初に通していただいたのが本館2階の鳳凰の間こちらで軽くお食事をしながら
オーナーと色々なお話をさせていただきました。
e0177766_20374542.jpg
沢山素敵なお話をさせていただいていると突然のサプライズ3階のお部屋を
見せていただく事になりました。
真紅の絨毯をトントンと軽やかに上がられるオーナーの後を家来のように着いて行く私・・・・・
この階段が明治時代の洋に和の異なる空間へのタイムスリップする扉でした。
e0177766_20422570.jpg
最初は長楽庵と言うお茶室でした。
現在は非公開の表千家にある書院形式の「残月亭」の写しと伝えられる茶室です。
掛け軸は「喫茶去」禅語で「どうぞお茶でも召し上がれ」書が
e0177766_20483667.jpg
続いて通していただいたのは御成の間でした。
床の間には藤井善三郎氏の「無寒暑」の書
e0177766_2058340.jpg
私は一体何時の時代にいるのだろう?
不思議な空気が流れている御成の間
e0177766_21132529.jpg
いつもは閉じられている華頭窓を開けてくださいました。
その先には妙法の五山の送り火が見えるそうです。
e0177766_21194537.jpg
座った位置から90度体をひねると今度は遠くに比叡山が眺めれる窓へと
目を走らせる事が出来ます。
e0177766_21254443.jpg
村井家家紋の柏
e0177766_21291735.jpg
この美しい書院造の部屋は「折上格天井」が施されています。
バカラのシャンデリアを合わせるなんてこの時代ではお見事としか言えません
e0177766_21344238.jpg
「折上格天井」の色味と合わせた色彩の襖美しいです。
e0177766_21415286.jpg
襖絵は金箔を使用して海のイメージで波、千鳥、雲が描かれています。
e0177766_2144179.jpg
螺鈿細工の花代は中国から輸入されたもの
e0177766_21494644.jpg
そして何よりも私を魅了させたのはご案内してくださったオーナーの気品高い美しさでした。
そこには本物のレディのお姿がありました。
沢山の貴重な体験をありがとうございました。
by j_noel | 2014-06-14 20:16 | Day | Comments(0)

母の命日・・・・・
e0177766_11124083.jpg
Thanks for always being there for me,mom I love you!
いつも支えてくれてありがとう、ママ 愛してる!

今日は母の命日、母が亡くなって4年目の春になりました。
桜の季節が終わりハナミズキの花が咲く事になると毎年少し憂鬱になります。
母が亡くなり見送る日の朝、母の家の前一面に狂った様に咲いていたハナミズキの花
今年は少し特別な日でもあったので母の仏前にお願いして出かけました。
そのおかげか驚くほどスムーズに進んだので少し拍子抜けしました。
反面やはり特別な時には母が支えてくれるのを感じました。
ありがとうあなたからのメッセージ沢山伝わっています。
by j_noel | 2014-04-30 22:11 | Day | Comments(0)


愛犬や神戸北野町の事 大好きな物を綴っています                               
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profille
2011年
中国茶、日本茶、紅茶、
ハーブティーのティーマイスターの資格を修得
現在ティーコンシェルジュとして色々なイベントの企画構成を手がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
My Website
*Diary2007 March ~
 Diary2009 July

*Maison Doux
*J-noel&B

・・・・・・・・・・・・・・・・・






カテゴリ
最新の記事
香川中国茶会 弥生
at 2017-03-01 18:18
Seiichiro,NISH..
at 2016-11-20 13:14
9月の神戸中国茶会のお知らせ
at 2016-09-17 14:10
香川中国茶会 文月
at 2016-07-06 22:00
発見Discovery
at 2016-06-19 22:53
以前の記事
最新のコメント
鍵コメ3月22日 14:..
by j_noel at 03:11
25日(金)に参加します..
by 衣笠正興 at 14:50
☆鍵コメKさま ありが..
by j_noel at 01:09
こんばんは、先日は久遠の..
by 衣笠 正興 at 03:35
☆鍵コメ2016-02-..
by j_noel at 10:30
衣笠さん ありがとうご..
by j_noel at 17:03
写真がとても素敵で、楽し..
by おのえ at 20:09
先日はありがとうございま..
by 衣笠 正興 at 19:21
2016-01-13 1..
by j_noel at 01:56
juncoさま 北野で..
by にゃま at 11:31
タグ
(834)
(164)
(151)
(141)
(128)
(123)
(120)
(106)
(105)
(103)
(97)
(86)
(61)
(52)
(50)
(49)
(43)
(42)
(35)
(33)
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧