<   2012年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

須磨離宮公園の紅葉
e0177766_16233412.jpg
母の月命日、今日は須磨離宮公園まで少し足をのばしました。
e0177766_16393494.jpg
紅葉もそろそろ終わりのようです。
e0177766_1640263.jpg
来年はライトアップの紅葉を見てみたいです。
by j_noel | 2012-11-30 22:23 | Day | Comments(0)

再会
e0177766_16142992.jpg
いつも乗っている車より排気量の大きなサイズの車運転しました。
いつも街中をクルクル走っているので少し気分を落ち着けて目的地に
e0177766_1618425.jpg
20年来の友人と御影のにしむら珈琲で談笑
昔と全然変わらず明るい友人に会話もはずみます(^^)v
私はどうでしたか?変わっていませんでしたか?
人間として成長はしていましたか?
by j_noel | 2012-11-29 20:13 | Day | Comments(0)

フランス人的発想
e0177766_1675264.jpg
自宅近くの某所でお仕事の打ち合わせ
日本人とは違って意見をストレートに話すフランス人の
ビジネスプランは聞いていて中々シビアですが
とても勉強になるミーティングでした。
心を強く持つ訓練をしないといけないなぁ・・・・・・・
by j_noel | 2012-11-25 20:06 | Day | Comments(0)

ネームプレート
e0177766_923421.jpg
今のお家に引っ越した時に作ったネームプレート
北野町にあるドディチタイルで作っていただきました。
私がデザインした画像をそのままタイルにイタリアのトスカナ工房で焼いてもらいました。
ワンライフ中心の我が家なのでPOPな感じにしましたが
フォントを見ると今と比べるとPhotoshopを使うのが
随分下手なのが分かって今見ると恥ずかしいです・・・・・・・
by j_noel | 2012-11-24 12:22 | Dog | Comments(0)

大阪 たこりきのたこ焼き
e0177766_11182640.jpg
材料にこだわったたこりきのたこ焼きセットが届きました♪
e0177766_11202022.jpg
お店は素敵なBarのようです。
たこ焼きにしたら少し高いとお店のキャッチフレーズ
中身はたこ焼き36個と豚玉2枚のセット
e0177766_1125895.jpg
これだけの物が入ってます。
電子レンジで6分でお店で食べるのと同じ味がいただけるそうです。
凄く楽しみにいていたので週末に食べてみよう♪
by j_noel | 2012-11-23 15:18 | Gourmet | Comments(0)

神戸元町 OLDBOOK SHIRASA
e0177766_11483645.jpg
神戸元町商店街にある「OLDBOOK SHIRASA」
美術書を中心に陶芸、写真集などのほか世界の絵本も揃えて
お気に入りの一冊に出会えるかも・・・・・・・・
こちらのお店のOLDBOOK(古本)というのは新本と違い一冊しかない本の事です。
e0177766_11514062.jpg
神戸らしいレトロな感じが大好きです♪
by j_noel | 2012-11-22 18:47 | Photo | Comments(0)

THE O DOR 大和 極上かぶせ煎茶と花ようかん
e0177766_10561769.jpg
久しぶりの個人レッスンでした。
先日行った奈良 にちなんでTHE O DOR の大和 極上かぶせ煎茶(井ノ倉茶園)
お出ししました。
こちらのお茶の詳細はこちらをご覧下さいね!
水色が少し黄色いのは湯飲みの中に金箔が塗られているので黄金色となっています。
e0177766_11105499.jpg
お茶のお供には奈良長谷寺にゆかりのある「泊瀬 花ようかん」

昔この里を流れる川の上流に羅紗門天がありました。
ある時、雷神がこの像を奪い天に昇りました。
その際、像の持つ宝塔が落ち川が流れてこの里の瀬に泊りました。
以来泊瀬→初瀬→長谷と呼ばれるようになったそうです。
中国の馬頭夫人は長谷観音に祈り不美人から美人に変身しました。
彼女はお礼に沢山の宝物と牡丹の花を送りました。
これが長谷寺の牡丹の起源だそうです。

桜の花と吉野葛で出来た花ようかんは、季節外れではありますが
言い伝えが素敵なお話だったので召し上がっていただきました。
e0177766_11282459.jpg
THE O DORはフランスのブランドですが美味しい茶葉なら
世界中、何処の産地からでも取り揃えています。
大和の茶畑で生まれたお茶を大和の里で生まれた和菓子と
一緒にお出ししましたが大変喜んでいただきました(^^♪
by j_noel | 2012-11-21 22:50 | Tea | Comments(0)

犬まんじゅう
e0177766_22473737.jpg
サイズは小さいだろうと思っていましたが
ビアンにプチベッドをプレゼント・・・・・・・
私がデスクトップに向うと必ず足元にいるのですが
寒くなって来てフローリングでは冷たいのでしょう
「ピー冷たいよぉ!なんかひいて!」と甘えてうるさいので
足元にひくと気に入ったらしく
e0177766_22524180.jpg
大きな身体を詰め込んでこんなに丸く小さくおまんじゅうになりました♪
今もスヤスヤ可愛いなぁ~!
by j_noel | 2012-11-20 20:20 | Dog | Comments(1)

奈良大和路の花の御寺 長谷寺
e0177766_11493812.jpg

三重県の赤目四十八滝から奈良県にある長谷寺に行きました。
赤目でプチ迷子となり皆さんを追いかける形で三重から奈良へ一人で移動でした。

e0177766_10294139.jpg
重要文化財になっている登廊(のぼりろう)
初めは後朱雀天皇の長歴三年(1039)に春日大社の社司中臣信清が
子の病気平癒の御礼に造ったもので百八間、三九九段、上中下の三廊に分かれています。
下、中廊は明治二十二年(1889)再建のものであり、よく古来の形式を残し
二間おきに風雅な長谷型の灯籠を吊るしています。

残念ながら秋には見る事が出来ませんが登廊の脇には牡丹が咲き乱れるようです。
古くより観音信仰の霊地である長谷寺は、
牡丹のお寺としても名高く「 長谷のぼたん 」「 ぼたんの長谷寺 」
と呼ばれ人々に親しまれ日本一の牡丹の名所です。
e0177766_1032975.jpg
登廊横の紅葉
e0177766_10325839.jpg
登廊を登りきった所の黄色から橙色へのグラデーションが綺麗です!
e0177766_10342183.jpg
天狗杉の前にある萌黄色からへのグラデーション
e0177766_10372118.jpg
長谷寺の黄葉は華やか♪
e0177766_1039146.jpg
本堂の礼堂から見た紅葉や舞台から眺めた紅葉もとても見事(^^♪
e0177766_1044342.jpg
私は、この紅葉の色の移り変わりが一番素敵に思いました。
e0177766_10471825.jpg
五重塔
昭和29年、戦後日本に初めて建てられた五重塔で昭和の名塔と呼ばれております。
純和様式の整った形の塔で塔身の丹色と相輪の金色、軽快な檜皮葺屋根の褐色は
背景とよく調和し光彩を放っています。
e0177766_10474051.jpg
五重塔、横の一番赤く色づいた紅葉
e0177766_10485169.jpg
奈良大和路の花の御寺と言われる位に沢山の花が長谷寺にはあります。
季節を変えてお花を愛でたい・・・・・・・
e0177766_1053694.jpg
滝を写し過ぎて電池切れだったんですが
めちゃくちゃ原始的に一回電池を抜きお願いしますと神頼み
そしたら電池のレベルが少し上がりました\(◎o◎)/!
これを数回繰り返し紅葉の撮影をしましたが
ちゃんと写せていなかったかなぁ・・・・・・・
by j_noel | 2012-11-19 11:47 | Photo | Comments(3)

忍者修行の里 赤目四十八滝
e0177766_2323302.jpg
三重県名張市にある赤目四十八滝に滝の撮影に行きました♪
日本の滝百選にも選ばれている荷担滝がある赤目四十八滝 は
滝川の清らかな流れと深い森がつくる深山幽谷
桜、新緑、紅葉と四季折々の鮮やかな風景の中、滝を望むことが出来ます。
赤目渓谷の気温は渓谷7.0℃ マイナスイオン量14,000個
e0177766_2334258.jpg
行者滝(ぎょうじゃだき)
岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちる滝
落差約5m滝壺の深さ約10m修験者の祖と言われる役の
行者(えんのぎょうじゃ)が修行したという滝です。
e0177766_0343273.jpg

名前は忘れましたが水の流れが美しい
e0177766_036044.jpg
不動滝(ふどうだき)
高さ15m幅7m滝壺の深さ10m不動明王にちなんでこの名が付けられ
滝参りとは、この滝にお参りすることをいい明治の中頃までは
ここより奥は原生林で入ることが出来ませんでした。
e0177766_03877.jpg
渓谷にかけられた不動橋からの眺めは壮観です。
e0177766_0521528.jpg
乙女滝(おとめだき)
滝も渕も小さくやさしく清純な乙女のような滝です。
滝の中に深さ1mくらいの壺があり乙女滝と名付けられました。
e0177766_043278.jpg
千手滝(せんじゅだき)
高さ15m幅4m滝壺の深さ約20m滝、岩、樹木、滝壺が調和して絵のような美しさです。
e0177766_0452267.jpg
岩を伝って千手のように落水するところから名付けられたとも
千手観音にちなんで名付けられたとも言われています。
e0177766_0533172.jpg
姉妹滝(しまいだき)
七色岩を眺めて渓流を登ると見える大小ふたつにわかれて落ちる滝です。
e0177766_054370.jpg
右を姉滝、左を妹滝と言い仲のよい姉妹を思わせる姿をしています。
e0177766_0554532.jpg
赤目五瀑 荷担滝(にないだき)
日本の滝百選に選ばれている滝です。
e0177766_0594997.jpg
高さ8mの滝が岩を挟んでふたつに別れて流れ落ちるさまが
荷を担っているようで荷担滝の名が付きました。
滝の前方の高所から見ると、すぐ上にも深さ10mほどの滝壺とそこに落ちる滝があり
渓谷随一の景観と絶賛されています。
実は今回この滝を撮影したい為に我を忘れ必死で撮影に没頭しすぎて
皆さんとはぐれプチ迷子になってしまいました(*_*;
e0177766_164130.jpg
雛壇滝(ひなだんだき)
赤目渓谷の本流、津合谷川の初流の一面の岩が幾段にもなって
その上を清流が流れていて、ちょうど雛壇のように見えます。
e0177766_172783.jpg
琴滝(ことだき)
高さ3m滝壺の深さ4mほどの小さな滝ですが静かに耳をすませて聞くと
滝の音がまるで琴の音が深山にこだましているように聞こえるので、この名前があります。
e0177766_19598.jpg
琵琶滝(びわだき)
赤目五瀑の最後のひとつです。高さ15m絶壁に囲まれた
岩風呂のような滝壺は深い蒼色をしていて深さは10m
滝の形が琵琶に似ているので琵琶滝と名付けられています。

登りの高さが結構あり頑張って駆け上がりましたが
お散歩レベルでは、なくしっかりした登山でした。
まさに忍者修行の山道なのでした。
滝の撮影は初めてなので今回は3絞り分の光量を調節出来るフィルターを使用しています。
三脚を持って行きましたが道幅が狭く次から次へと人が通るので
断念して荷担滝、以外は手持ちでの撮影でしたが
なんとかイメージ通りに写せたみたいです♪
少し欲が出て今度は光の取入れにも挑戦したいです!
by j_noel | 2012-11-18 23:50 | Photo | Comments(2)


愛犬や神戸北野町の事 大好きな物を綴っています                               
Profille
2011年
中国茶、日本茶、紅茶、
ハーブティーのティーマイスターの資格を修得
現在ティーコンシェルジュとして色々なイベントの企画構成を手がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
My Website
*Diary2007 March ~
 Diary2009 July

*Maison Doux
*J-noel&B

・・・・・・・・・・・・・・・・・






カテゴリ
最新の記事
香川中国茶会 弥生
at 2017-03-01 18:18
Seiichiro,NISH..
at 2016-11-20 13:14
9月の神戸中国茶会のお知らせ
at 2016-09-17 14:10
香川中国茶会 文月
at 2016-07-06 22:00
発見Discovery
at 2016-06-19 22:53
以前の記事
最新のコメント
鍵コメ3月22日 14:..
by j_noel at 03:11
25日(金)に参加します..
by 衣笠正興 at 14:50
☆鍵コメKさま ありが..
by j_noel at 01:09
こんばんは、先日は久遠の..
by 衣笠 正興 at 03:35
☆鍵コメ2016-02-..
by j_noel at 10:30
衣笠さん ありがとうご..
by j_noel at 17:03
写真がとても素敵で、楽し..
by おのえ at 20:09
先日はありがとうございま..
by 衣笠 正興 at 19:21
2016-01-13 1..
by j_noel at 01:56
juncoさま 北野で..
by にゃま at 11:31
タグ
(834)
(164)
(151)
(141)
(128)
(123)
(120)
(106)
(105)
(103)
(97)
(86)
(61)
(52)
(50)
(49)
(43)
(42)
(35)
(33)
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧