タグ:フレンチ ( 49 ) タグの人気記事

京都 祇園MAVO
e0177766_1436636.jpg
パッションを身体一杯で感じるフレンチレストランと出合いました。
京都八坂神社 南門を下った所に昨年夏オープンした「祇園MAVO」
店名の「MAVO」とは前衛的な思想の元 常に進化し自らを高めると言う意味だそうです。
まずは辻利の抹茶 金剛がお出迎え
e0177766_14364946.jpg
Oeuf はじまりは卵~
今回は65℃でコンフィされたとろとろの卵に雲丹松の実などと食感を出す為にクルトン、
鮎の魚醤の香りがする泡でいただきます。
フェンネルが鼻から優しく抜けて行きます。
e0177766_1438593.jpg
こちらのオリジナルのお茶のコースは、とても斬新でティーコンシャルジュの
私には嬉しいメニューでした。
最初はルイボスティーベースのスパークリングをイメージした飲み物
少し酸味が感じられるルイボスとのマッチングはGood♪
客席から見えるオープンキッチン
e0177766_14382815.jpg
Gougere burger グジェールバーガー
ピンチョススタイルの小さくて可愛いバーガーはチーズ味、中には金華豚
手前のスペイン風オムレツの上には自家製のイノシシの生ハム
自家製ブリオッシュの上には冷製フォアグラ 
e0177766_14395017.jpg
後から出てくる赤穂産の牡蠣のプレゼンはGlass Studioの素敵な器
e0177766_1440752.jpg
Beignet d’huitre au”vert” 牡蠣のベニエ“ヴェール”
まさに緑のヴェールをまとった牡蠣のベニエその周りを彩るのはブロッコリー、ロマネスコ
菜の花と春の訪れを感じる野菜たち自家製のカラスミの色はミモザのように
美しいその秘密は食べた方だけが分かっちゃいます♪ 
e0177766_14403755.jpg
お料理に合わせて出てきたお茶は雁金茶にバジルや柚子などを20℃
シェリーグラスで出てきた玄米茶プラスアルファは50℃
e0177766_14405352.jpg
Chausson truffe et chou de chine au”perfume de sol”
白菜 ペリゴールトリュフのショーソン“土の薫”
白菜とトリュフをパイ生地でミルフィーユ、大好きな海老芋のヴルーテソース
土の薫りを楽しむお料理です。
何とも言えない色の信楽焼の器とのコントラスト♪
e0177766_14414436.jpg
Les poisson du jour スズキのポワレ
和歌山産スズキを使ったヒメドポアソンのソースがシュールージュや紫カリフラワーなどの
美しいパープルと調和してパリコレの美しいドレスを見ているようでした♪
e0177766_14421533.jpg
使われている物も品良くてセンスの良さが光ります。
グジェールバーガーの時に出てきた黒豆茶プラスアルファ
メインで出てくる牛肉は八坂神社の境内に落ちている松ぼっくりでスモーク!
e0177766_14422998.jpg
Granité 苺と雁金茶 緑レンズ豆の蜜煮
みつ豆を食べる感覚でいただきました。
e0177766_14424497.jpg
Cuisse de bouef pomme de pin au fumage 
京都牛腿肉(シンシン)松ぼっくりのフュマージュ
ヴァローナ社のしっかり目のチョコレートを溶かしたソースでいただきましたが
肉の火入れが絶妙でバランスがGood♪
黒大根やジャガイモのガレットの量も丁度良かった!
e0177766_14512340.jpg
ほうじ茶を色々なハーブやスパイスで赤ワインのように仕上げた飲み物
e0177766_14515664.jpg
pomme 林檎のデセール
チュイルの中はタルトタタンのイメージでカルバトスのソースや卵黄の様な
カルバトスのジェリーが美味しかった!
e0177766_14522339.jpg
美しいボトルに入ったミネラルは石清水、飲み物に使われたスパイス
京懐石の様な小菓子、信楽焼の器
e0177766_14523955.jpg
Mignardises 小菓子
抹茶まかろん柑橘系ギモーブ、ココアのサブレ、フィナンシェは黒豆&イチゴ
e0177766_1453515.jpg
沢山並んだ茶道具、最後の飲み物はワイングラスでいただくコーヒー
e0177766_14544329.jpg
エチオピア コチェレ単一品種熟成珈琲ハンドドリップ50℃
意外だったのはワイングラスでいただく方が芳醇な香りを楽しめてコーヒーが美味しかった!
e0177766_14551945.jpg
お店のレセプションの所にある手作りの石庭、運気の上がりそうな物が飾られていました。
e0177766_14571229.jpg
食事を終えて・・・・・・・
お料理は最高に楽しめて美味しくいただけましたが
仕事柄一番感激したのはお茶のフルコース♪
私がいつもレストランに求めているのはお料理の味、サービス、お店の空気感
そして最後に出てくる飲み物が上手に調和して完成だと思っています。
お料理が最高なのに飲み物は手抜き?!と感じられるお店もあるので
「MAVO」でのお茶のフルコースとても満喫出来ました。

マダムの質の良いサービスや気配りは最高でした♪
京都祇園と激戦区の中ですが沢山のファンが出来る予感がします。

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2015-01-19 22:34 | Gourmet | Comments(0)

京都 L'EMBELLIR ランベリー SATOYAMA
e0177766_21381844.jpg
岸本シェフと来年の打ち合わも兼ねてランベリーでのランチ
今日は新しい試みのお料理らしいです。
e0177766_21383925.jpg
Amuse bouche
京都木津鹿背山産初卵
若い鶏が産んだ初卵、サイズは小さいですが稀少価値があるそうです。
e0177766_21391497.jpg
SATOYAMA
佐渡ヶ島産イチジクとホオズキ、椎茸のファルシ エポワズの香り
秋の里山の豊作のイメージ
e0177766_2140786.jpg
鴨のパテ、栗、イチジクのジュレ寄せ、椎茸のコンフィ、銀杏の素揚げ、ホオズキ
e0177766_21402587.jpg
鱈のポワレ オレンジの香り
ヨーグルとのコンディマン 蕎麦の実のリゾット添え
e0177766_21405951.jpg
ワインの味も格別です!
e0177766_21411695.jpg
北海道夏鹿のポワレ山葡萄のソース季節の野菜と共に
e0177766_21414341.jpg
プレゼンテーションが楽しいクレープシュゼット
e0177766_21415411.jpg
長野産リュバーブのコンポートとグラスヴァニース
クレープシュゼット フランボワーズのソース
e0177766_2142473.jpg
本当は、このデザートだったのですが先日いただいたばかりなので特別に
変更してくださいました。
e0177766_21423229.jpg
中庭の紅葉の緑がもうすぐ赤く色づきます。
春の桜は更に素敵でしょうね♪

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-10-02 21:32 | Gourmet | Comments(0)

京都 L'EMBELLIR ランベリー
e0177766_15332564.jpg
おかげさまで大成功だった昨日のCa marche 西川功晃シェフの世界
打ち上げを兼ねてランチミーティング
e0177766_15334468.jpg
Amuse bouche
京都木津鹿背山産初卵のスープ
卵と鱧のお出汁のムース、底にはごぼうをメイプルシロップでキャラメリゼ
味が濃厚で3個は食べれる♪
e0177766_15341065.jpg
天使のエビの香り焼、黄桃のマリネ添え
e0177766_15343313.jpg
流石ランベリーさんただのエビフライではなかったです(^^♪
岩塩にぺルノをかけてフランベして香りをソースの代わりに楽しみます。
e0177766_15351491.jpg
イトヨリのポワレ、ブールブランのソースをかけて松茸、万願寺唐辛子
上からかけた柚子胡椒が香ります。
e0177766_1536933.jpg
青森で育ったバルバリー種の鴨
燻製にして炭火で焼いています。
ビーツのソースがピッタリ♪
e0177766_15362519.jpg
京都の大原で収穫されたお野菜は甘味があってしっかりと美味しい!
e0177766_15371364.jpg
チーズのアラカルト私はシャロレ、サント・モールなどの山羊チーズをいただきました。
e0177766_15372387.jpg
ナッツ入りのパンやオレンジの砂糖漬けとの相性もGood!
e0177766_15374832.jpg
ブドウのカクテル、下からパッションフルーツのムース、ピンクグレープフルーツのシャーベット
ブドウと巨峰のグラニテ、ぺルノで香り付けしたライチのジュレ
e0177766_15382728.jpg
ヒマラヤ岩塩を削って氷を入れてシェイクした物をカクテルのようにかけます。
目で見て楽しみ食べてうなる至福のデザートです♪
e0177766_15402920.jpg
美しい所作で淹れて下さる飲み物
e0177766_1541035.jpg
箱庭入りのわらび餅やフィナンシェ、クグロフは相変わらず美味しい♪

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-09-18 21:29 | Gourmet | Comments(0)

芦屋Koshimo Plus
e0177766_14582462.jpg
中国茶のレッスンをさせていただいている香川の方々と芦屋のKoshimo Plusでランチ
夏らしい和食感覚のスープからのスタートでした。
サンジャックを使った昆布出汁にオクラのすり流し
喉ごしが良くて又いただきたい1品です。
e0177766_145926.jpg
小倉の久保田農園からの新鮮で面白いお野菜達
中心のターメリックとチェダーチーズはカレーのイメージで
e0177766_14592625.jpg
焼き茄子のポタージュにカシスで彩り添えてある青リンゴを入れて
味の変化を楽しみます。
e0177766_150993.jpg
魚のこあら焼き白ワインがメインのソースに粒マスタードがアクセント
e0177766_1511225.jpg
相変わらずの小霜シェフの世界を楽しみました。
e0177766_1513116.jpg
雪姫ポーク、色々なソースで楽しみました。
苦みを楽しむ春菊のソースやブラックオリーブの塩がアクセント
e0177766_1514673.jpg
トマトの酸味とスイカの甘味を一緒に楽しむデザート食感に白玉
e0177766_152520.jpg
エクレアとキャラメルのアイス

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-07-17 20:57 | Gourmet | Comments(0)

GRACIANI夏のメニュー
e0177766_10441172.jpg
GRACIANIが初めてだと言われる美食家の方々とのランチでした。
新しい試みのGRACIANIのロゴ入りのサブレ
e0177766_10443559.jpg
Amuse bouche
鱧しその香り、イカのタルタルガスパッチョ、ローズマリーの香りサブレ
e0177766_10445973.jpg
イワシのマリネ、ガレット仕立て中にはラタトゥーユで香ばしく
アンチョビのサワークリームがアクセント
e0177766_10453125.jpg
Les potage
ビシソワーズ、生ハムから採ったゼリー、アクセントに夕張メロン、マスクメロン、
レッドペッパー。
e0177766_10454676.jpg
Les viandes
播州百日鶏のロースト、プリプリのエビをコリアンダーソースとココナッツの泡でいただきました
e0177766_1046129.jpg
Les dessert
巨峰の周りをゼリーで包み、蒸しパンの上に巨峰のシャーベット
ホワイトチョコレートのクリーム
e0177766_10463043.jpg
Petit fours
ビスタチオとホワイトチョコレートのムース、サブレ、オレンジと人参のマカロン

ちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-07-08 20:42 | Gourmet | Comments(0)

京都 L'EMBELLIR ランベリー
e0177766_2029429.jpg
室町末期、八坂神社の表参道には2軒の茶屋が東西に向かい合って賑わっていたそうです。
東の柏屋は幕末期には京都屈指の料亭となり明治以降に中村屋から「中村楼」と名を変えて
現在に至っています。
日本ではじめて洋食を供した料理処が日本フレンチ界の名シェフ岸本直人氏によって
素晴らしいフレンチレストランとして生まれ変わりました。
e0177766_204236100.jpg
中村楼の表門をくぐり左右に向かって進むと伝統木造建築を上手くリノベーションした
L'EMBELLIRのレセプションが出迎えてくれました。
ほのかな香りはレモングラス直ぐに憂鬱な雨から解き放つ粋なしつらいです。
渡り廊下を2度ほど曲がると近代的なイメージに変わるレストランへの入り口が
自動ドアで出迎えてくれました。
店内は薄い水色のガラスの壁に上手く溶け込むようなベージュ色の椅子
私達は中庭の見える特等席に通されました。
いよいよ岸本直人シェフのデジュネ始まります。
まずはアミューズブーシュからパン粉とイカスミをローストした箱庭の上に置かれたチュイルと
グラスの器に入ったベーコンのババロア
e0177766_21194571.jpg
☆AMUSE-BOUCHE
 1皿目は肉がテーマでベーコンを液体のババロアに仕上げたクリーミーで濃厚なスープ
 上にはセロリと青リンゴのソースが見た目も爽やかにトッピング
e0177766_2126259.jpg
2皿目は豚のリエットを詰めて春巻きで素揚げした物とロメインレタスをサラミで
風味付した物をレンズ豆のチュイールで巻いた物
e0177766_21335344.jpg
黒い印をしてある塩入りで燻製香と無塩バター
燻製香のバターだけでもワインが飲める位、美味しい♪
勿論パンのバランスも良好でお料理へと発車オーライ!
冷製ガスパッチョには目の前に出されたフレッシュミントの葉を摘んで
好きなだけパラパラと散らします。
e0177766_21402787.jpg
☆Gazpach
 たっぷりのスイカを使ったガスパッチョ、穴子、タコ、アカザエビ、ウニなどの海の幸と
 冬瓜、オクラ、スイカなどがシェリービネガーやオリーブオイルと
 マリアージュして暑い夏から身体を整えてくれる事でしょう!
e0177766_2152268.jpg
☆RASCASS POELE
 淡路産のカサゴのポワレは皮の焼き目にクルトンで食感を出してます。
 野菜とあさり、カサゴの頭で摂った出汁で作られたアクアパッツァのイメージの
 コンソメスープはテーブルの上でかけるパフォーマンス
 ズッキーニ夏野菜で彩りを添えて
e0177766_2214454.jpg
肉料理は豚肉のヴァリエーション
とても面白くて豚肉の各部分を違った料理法で出されました。
バラ肉はブレゼ、ほほ肉はトマト煮込み、こめかみはパン粉を付けてカリッと焼いて
e0177766_22252394.jpg
☆VARIATIONS DE PORC
 皆が一番気に入った豚足と牛タンのルーローはジューシー
e0177766_22284280.jpg
☆Les dessert
 白桃のコンポート、美山の湯葉アイスクリーム、ベルベンヌのグラニテ
 薄いグリーン色の大葉のソースが美しい♪
e0177766_22344775.jpg
久しぶりの雨が中庭の木々を鮮やかに濡らしてくれたのが更に美しいロケーションとなりました。
フロマージュのシャリオもひとつひとつがガラスカバーでディスプレイされていて素敵!
きな粉の上に盛られたチョコレート風味のわらび餅
古都を感じさせる南部鉄瓶で出されたハーブティー
e0177766_2241916.jpg
☆Petit fours
 カカオパウダーの箱庭に入った和三盆糖とPoire Williams au Cognacで香り高く焼き上げた
 L'EMBELLIRオリジナルのクグロフかなり美味しいです♪
e0177766_22514581.jpg
タルトストーンと石を温めた上に香り高いフィナンシェ
お砂糖でさえ市松模様に綺麗に並べられて可愛い!
岸本シェフ素晴らしいお料理の数々とても楽しめました。
e0177766_2305457.jpg
アサリの殻もこんなに素敵なプレートに乗せると一つのお料理みたい♪
e0177766_2325118.jpg
お見事と言う以外言葉が見つからないほどの完璧なお料理の数々でした。
そして支配人兼チーフソムリエの渡部智弘さんのサービス古都京都にとても合っていて
品よく素晴らしかったです。
その他にもレセプションで出迎えてくださった女性のスタッフの方々
心地よい空間を皆さんが作り出されていました。

L'EMBELLIRとはフランス語で「美しくする」と言う意味だそうですが
お食事を終えた後、お客様は幸せな笑顔になり確実に美しくなられる事と思います。

ぽちっとワンクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
こちらにもワンクリックお願いします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-07-03 20:29 | Gourmet | Comments(0)

GRACIANI 初夏のランチ
e0177766_1234435.jpg
今日は、とても素敵な方と再会するので1週間前からドキドキしていました。
梅雨空をなんだか疎ましく思うこの時期ですが
とても美味しくて爽やかなお料理をいただく事が出来ました。
e0177766_12341584.jpg
☆Amuse bouche
 弓削牧場のフレッシュチーズに完熟したアメリカンチェリー
 フレッシュチーズとアメリカンチェリーの酸味が程よくマッチングしています。
e0177766_1234215.jpg
国産トウモロコシのムースほんのりとカレー風味、マカロンサレは生ハムペーストサンドの
甘しょっぱさを楽しみます。
e0177766_12343570.jpg
☆LANGOUSTINE Pocher
 ラングスティーヌのポシェ、手長エビ、野菜をサフラン風味のゼリーに乗せて
 泡はジンジャー風味
e0177766_123443100.jpg
☆Les potage
 大麦を炒めてブイヨンをプラスしたコクのあるスープ
 スープの中には淡路産のサザエ、表面のオレンジ色はチョリソーオイル
e0177766_12345242.jpg
美味しさに皆さんの会話も弾みます♪
e0177766_12345927.jpg
☆Plat Poisson
 太刀魚のポワレ、太刀魚は皮目が薄い為、お米をつけてカリッと焼いています。
 ソースは太刀魚の骨から摂った出汁にフレッシュトマトとバジルで夏向きの味です。
e0177766_12351266.jpg
☆Avant dessert
 桃のシャーベット、底の部分にはベルベーヌのジュレ、色が可愛くてツボの美味しさ♪
e0177766_12352025.jpg
☆Les dessert
 フロマージュフレのムース中にはアプリコットのコンフィチュールを忍ばせてありました♪
 上にはバジルのソルベ
e0177766_12352630.jpg
☆Petit fours
 黒糖のフィナンシェ、酸味のあるマカロンは人参を添えて
e0177766_12353475.jpg
お客様をお出迎えするランプもトンボさんに様変わり
今日は又新しいスタートの始まりです。
こんな素敵な再会を作ってくれたNちゃんありがとう♪
by j_noel | 2014-06-04 20:33 | Gourmet | Comments(0)

京都 Ryoriya Stephan Pantel
e0177766_2210485.jpg
祇園「Kezako」のシェフだったステファン・パンテル氏が独立されて京都御所近くに
オープンした「Ryoriya Stephan Pantel」
早速、美味しい物には目がない4人組で行って来ました!
e0177766_22262256.jpg
まずはアベリティフにシャンパーニュで乾杯!グラマラスなグラスで綺麗に上がって行く
泡の向こうに玄関までの小道が眺められる今回の席は特等席♪
e0177766_22353854.jpg
☆Amuse gueule
 ニジマスを柑橘系のジュースでセビッチェした物にえんどう豆の綺麗な色彩のムース
 かなり私のツボだった味は中に忍ばせたアールグレーのゼリー
 香り付けにはデコポンの皮
e0177766_22412371.jpg
江戸切子調のタンブラーは意外やドイツ製
抑え目なゴールド使いのカトラリーも面白い!
自家製のパンは古代米をお粥状にして作ってある不思議だけどかなり美味しいパンです。
e0177766_23431197.jpg
スペシャリテはステファンの真骨頂、フォアグラの奈良漬巻き
1週間もかけてフォアグラのコンフィに奈良漬けの甘さを浸透させています。
パッションフルーツ、マンゴー、パイナップルなど4種類の南国フルーツのソースと共に
岩塩の粒が絶妙でアクセントになっています。
このお皿は、とても懐かしく京都でフランス人が新しい形のフレンチを先取りした
お料理のひとつです。
e0177766_22552518.jpg
美しいパープルのお皿はフランス製、今度は黒目のカトラリーが珍しい
e0177766_2257521.jpg
☆Les potage
 白インゲンのポタージュの中にはトマトとバジルで炒められたホタルイカ
 ポタージュの底にはバルサミコのジュレの酸味がバランスが良く
 こちらも懐かしいステファンの味を思い出させてくれました。
e0177766_2363840.jpg
☆Plat poisson
 鯛のロースト、エスカルゴバターが香ばしい♪
e0177766_23132088.jpg
干しシイタケ、豚足イカの塩辛でとったコンソメを食べる寸前に注いでくれます。
e0177766_23152249.jpg
☆Plat viande
 京都ポークを真空にして調理したロースと塩漬けにしてコンフィした
 2種類の出し方でいただきました。
 菊芋の甘さとフキノトウとお味噌のソースがマリアージュしています。
e0177766_23222611.jpg
ここに訪ねる前からかなり気になっていたお肉用のナイフ
錦市場の有次さんのスペシャルオーダーだそうです。
遊び心たっぷりの「ス」とステファンの名前入り有次さんは包丁や道具に
名前を彫ってくれるのです!私もワサビおろしに名前を彫っていただきましたよ♪
この包丁のようなナイフのサイズが、とても手に馴染み驚くほど切れ味がいいんです!
e0177766_23295144.jpg
ナイフの裏には有次の名前が入っています。
今日は店内は何故かフランス語が飛び交っていました。
ステファン節炸裂、あまりにもフランス語での会話が続くので一瞬フランスに
タイムスリップしたのかと勘違いしそうでした。
e0177766_2332557.jpg
☆Les dessert
 ライムの香り立つムースと柚子味噌のアイスの周りに苺が散りばめられています。
e0177766_233635.jpg
☆Petit fours
 甘さが抑えめで最後の締めくくりのバランスが素晴らしかった
 本日のランチコースお料理はさることながらお皿の形状によってカトラリーも使い分け
 舌以上に目も楽しませてくれました。

 お見送りのステファンとマダムに京都のOMOTENASHIを感じさせていただきました。
 Merci♪
by j_noel | 2014-04-24 22:09 | Gourmet | Comments(0)

微笑みの時間GRACIANI
e0177766_2102429.jpg
桜の季節が訪れる少し前にこちらのイベントをさせていただくフレンチレストランGRACIANI
大好きな方々とご一緒させていただきました♪
e0177766_21272688.jpg
☆Amuse bouche
パルメザンチーズのチュイル、遊び心たっぷりのミニバーガー
ホタテの貝柱、ノビルのベニエ
e0177766_213382.jpg
いつも大盤振る舞いのボルディエの海藻バター♪
e0177766_2136036.jpg
フォアグラのトーションキュイ(筒状の布で巻いてコンソメの中で火入れるプラム胡麻
赤ワインのジュレ、トリュフのサラダとアマレット
e0177766_21471122.jpg
今回も美しいステンドグラスのプレート迎えていただきました!
e0177766_21491448.jpg
富山産のホタルイカ、春キャベツのスープ
e0177766_21511518.jpg
平目の表面にケシの実をフランス産のホワイトアスパラのローストを添えて
e0177766_2155266.jpg
黒ゴマのチップ、豆乳のアイッシュ、、胡麻風味のビスキュイ、柚子キャラメル
e0177766_21593778.jpg
GRACIANI にゆかりのあるプレートがお出迎えしてくれました(^^♪
by j_noel | 2014-03-25 22:10 | Gourmet | Comments(0)

GRACIANI 春の特別ランチ
e0177766_13424988.jpg
今日はいつもお世話になっている超人気フレンチのソムリエNさん、キュイジニエRくんと
かねてからお約束のランチでした。
いつもより会話も本格的!とても刺激のあるお食事となりました。
e0177766_13461350.jpg
☆Amuse bouche
綺麗なピンク色の雪姫ポークのハム
e0177766_1347185.jpg
いつもGRACIANIで出していただくバターはフランス北西部のブルターニュ地方は塩田を
利用した海塩づくりで有名な地域。
ボルディエ氏がこの地で採れた海塩を使用して手掛け新鮮な生乳を使って作るバターは、
フランス中の多くの高級レストランで愛されています。
e0177766_13481674.jpg
★Beignet
フキノトウをさくっと揚げたベニエ
e0177766_13554380.jpg
私のステンドグラスは椿、美味しい白ワインをデキャンタする美しい所作
e0177766_13491569.jpg
★Le poison mariné
サヨリのマリネ小さく切った野菜が彩が綺麗で味は軽く組み合わせを楽しむお料理
キヌアち言うペルーの穀物の食感のバランスもGood♪
e0177766_1350526.jpg
★veoute de saint-germain
グリンピースのポタージュサンジェルマン上にはカリカリベーコン
64℃の低温で調理した卵の黄身
e0177766_1356964.jpg
ご一緒したのがソムリエさんなのもあって今日は色々なお酒を支配人がチョイスされました。
私は車なのでミネラルのドンペリニョンと呼ばれるシャテルドン
e0177766_13513819.jpg
★La daurade poche
天然明石鯛、海老のムース桜の花びらで香り付け
e0177766_13522552.jpg
★La poulet (ballottine)
播州百日鳥鶏の胸肉とモモ肉のパロティーヌ
e0177766_135463.jpg
★Avant dessert
グリオットチェリーのコンポート、シャーベット、桜の花びらと桜つくしのデザート
e0177766_13543748.jpg
★Les dessert
フランボワーズのピスタチオ、レモンの彩の美しいサンド
淡路の牛乳のバニラアイスは濃厚!
e0177766_13563945.jpg
今日はフィナンシェが凄い!なんとボルディエ味!
e0177766_1355917.jpg
マカロンはイチゴミルク味、プロ2人といただいたGRACIANIのランチはとても楽しく
夢の扉が垣間見れました。

他のレストランでは絶対に味わえない洋館の建物や
美味しくて美しいお料理の数々、沢山のヒット著書を書かれている鈴木智子先生
本格的フォトレッスンがあります。
男性の方もOKですのでご参加されませんか?
by j_noel | 2014-03-12 20:14 | Gourmet | Comments(0)


愛犬や神戸北野町の事 大好きな物を綴っています                               
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profille
2011年
中国茶、日本茶、紅茶、
ハーブティーのティーマイスターの資格を修得
現在ティーコンシェルジュとして色々なイベントの企画構成を手がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
My Website
*Diary2007 March ~
 Diary2009 July

*Maison Doux
*J-noel&B

・・・・・・・・・・・・・・・・・






カテゴリ
最新の記事
香川中国茶会 弥生
at 2017-03-01 18:18
Seiichiro,NISH..
at 2016-11-20 13:14
9月の神戸中国茶会のお知らせ
at 2016-09-17 14:10
香川中国茶会 文月
at 2016-07-06 22:00
発見Discovery
at 2016-06-19 22:53
以前の記事
最新のコメント
鍵コメ3月22日 14:..
by j_noel at 03:11
25日(金)に参加します..
by 衣笠正興 at 14:50
☆鍵コメKさま ありが..
by j_noel at 01:09
こんばんは、先日は久遠の..
by 衣笠 正興 at 03:35
☆鍵コメ2016-02-..
by j_noel at 10:30
衣笠さん ありがとうご..
by j_noel at 17:03
写真がとても素敵で、楽し..
by おのえ at 20:09
先日はありがとうございま..
by 衣笠 正興 at 19:21
2016-01-13 1..
by j_noel at 01:56
juncoさま 北野で..
by にゃま at 11:31
タグ
(834)
(164)
(151)
(141)
(128)
(123)
(120)
(106)
(105)
(103)
(97)
(86)
(61)
(52)
(50)
(49)
(43)
(42)
(35)
(33)
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧