タグ:中国茶 ( 103 ) タグの人気記事

銀月サロン 新茶会
e0177766_14195241.jpg
春の「桜茶会」以来の京都北白川「銀月アパートメント」の中にある
中国茶室「銀月サロン」
少し汗ばむ陽気の中やっとたどり着いた建物は目の覚めるような新緑が
アパートを囲んでいました。
e0177766_1430183.jpg
まずは「銀月サロン」の主、小絵子さんのウエルカムティーをいただきます。
先程の画像にも手タレで登場してくださっていますが
小絵子さんのしななか手が私は大好き♪
e0177766_14305184.jpg
太平猴魁を使ってのGREEN TEA SPARKLING
e0177766_14312918.jpg
押し花のように美しいその茶葉は、まるで芸術品です。
e0177766_14565018.jpg
本日いただく新茶は緑茶、青茶、白茶の3種類
e0177766_14594828.jpg
梅干し、胡桃、マンゴ、スイカの種などのドライフルーツ
e0177766_14321158.jpg
明前獅峰龍井茶を一人づつ蓋碗でいただきました。
e0177766_14323394.jpg
歴代皇帝に愛し続けられた西湖龍井茶の傑作、獅峰龍井茶
明前茶の西湖龍井茶は蓋碗でいただくのが一番好きです♪
e0177766_14335412.jpg
蘭香が華やかに薫る杉林渓鳥龍茶は上品で飲みやすい味
初心者の方が気に入る茶葉です。
e0177766_14381744.jpg
クルクル丸い形状の茶葉が、あらあら不思議こんなに開くんです!
e0177766_14341880.jpg
リクエストして再び小絵子さんに手タレをお願いしてシルエットをパチリ!
銀月アパートの窓は、映画のスクリーンのよう・・・・・・・・
大島渚監督や画家・竹久夢二が、かってここに住んでいたのもなんとなくわかるような気がします。
アーチストにとってとてもインスピレーションが湧くのも無理は、ないはず・・・・・・
かって手塚治虫とその仲間達が「トキワ荘」に住むついた様に
何かに魅かれたのでしょう!
それは、物の怪?トトロ?桜の精霊?
今日は、しっかりとお茶会のお客様にご挨拶していましたよ♪
e0177766_14343653.jpg
本日の点心は干し貝柱の中華粥、自家製キャベツの浅漬け、ハーブ焼売
ドゥブルベボレロのクッキーなど
e0177766_1544826.jpg
最後は「銀月サロン」にぴったりの美しいネーミングの月光白
月の光を浴びながら出来た茶葉なんてかなりロマンチック♪

ここに来ると皆さんがタイムスリップした空間にとっぷりと浸る事が出来ます。
さて次回は、どんな風景とランデブー出来るのでしょうか・・・・・・・
by j_noel | 2014-06-01 22:55 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 5月小満
e0177766_1065640.jpg
晴天が続きホコリぽい毎日でしたが今日の雨は、まさに恵みの雨
空気が潤いました。
今日は白茶、緑茶、紅茶と明前茶の飲み比べをしました。

*立夏 五月五日頃     春が褪せて夏の気立つ
*端午 旧暦 五月五日頃  夏至近くなるので暑気払いの毒虫よけの祀り事をする
                  五毒虫を食べる習慣
*小満 五月二十一日頃  杏・梅・桃・ざくろなどの実が付き始める。
                  物事は、ほぼ見通しがつく(この頃までに物事を決めると良い)
e0177766_10254377.jpg
最初は珍しい雲南省の紅茶でした。
茶葉が金色は発酵して酸化酵素による為です。
発酵を止めると緑茶ですが酸化酵素によって葉の中のカテキンが茶褐色に
変えられて染まります。
e0177766_10302916.jpg
☆明前滇紅(てんこう) 雲南省2014年
 原種に近い大きな葉の雲南大葉種で茶味はまだ未熟な味です。
 本当は6月位が飲み頃のようです。
 そのせいか水色は薄く香りは1煎目の方が良い

 茶具敷物は五月の節句に因んで鯉です。
e0177766_1036680.jpg
黒と白不思議なコントラストの茶葉は10%~15%の発酵茶葉です。
中投法で丁寧に淹れました。
e0177766_10394630.jpg
☆明前月光白 雲南省2014年
 1芯1葉の月光白は茶葉の白い部分を月の光に黒の部分を闇に見立てたと言われています。
 通常日光か室内でする工程の萎凋(いちょう)を月の光でさせるとも言われます。
 月の光をまとった神々しいお茶は皇帝献上茶として愛されました。
e0177766_1046375.jpg
更に発酵の進んだ円盤状に固めた餅茶(ビンチャ)との飲み比べです。
e0177766_10482852.jpg
☆餅茶 雲南省2011年
 枯れて行く味を楽しみ明前茶より味が柔らかくなったのを楽しみました。
e0177766_1184839.jpg
同じ茶葉の発酵の進み方を比べるのも楽しいです。
e0177766_10503854.jpg
芽茶を楽しむ為にガラスの急須で温度を下げて淹れました。
e0177766_10582342.jpg
☆明前峨眉竹葉青 四川省2014年
 峨眉竹葉青(がびちくようせい)は四川省の中南部にある中国三代霊山のひとつ
 1996年にユネスコより世界遺産に登録された峨眉山が産地
 名前の通り竹の葉のような形状と茶葉は青々としています。
 1片と数える茶葉は芽茶と言い明前茶より前に摘まれています。
 茶葉の特徴は上質のものほど産毛に覆われていています。
 その味わいは涼しい味わいの中に、キリリとした旨みと甘い豆香がします。
e0177766_119818.jpg
☆点心
 チマキとトマトのデザート
 チマキの由来は中国の伝説では楚の愛国者だった政治家で詩人の屈原(くつげん)が、
 羅汨江(べきらこう)で入水自殺した後、民衆が弔いのため魚が屈原の亡骸を
 食べて傷つけないように魚に米の飯を食べさせるためだったそうです。
 端午の節句の日(端午節)に笹の葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが
 起源とされています。

 屈原と言う人物は人々の人望を集めていましたが陰謀によって失脚しました。
 失望した屈原がその時、書いた「離騒」は中国文学史上名作と言われました。
by j_noel | 2014-05-12 20:17 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 4月清明
e0177766_11445843.jpg
桜の季節が終わりいよいよ新緑の季節になりますが今年は季節がとても不安定・・・・・・
私にとっては新茶も出回りだして楽しみな季節です。
*清明 4月5日  清浄明潔 天地間春気満
*穀雨 4月20日 万物長生雨時 五穀潤雨 
 清明から穀雨までの茶葉を雨前茶と言い穀雨以後の茶葉は雨後茶と言う
 緑茶は清明に近い時期に摘むほど香りと甘味があって高級です。
e0177766_1155437.jpg
世界遺産登録指定を受けている黄山で作られた黄山毛峰をいただきました。
一芯一葉で摘み取られており新芽には艶があり薄い緑色をしています。
e0177766_1225303.jpg
☆黄山毛峰 安徽省
 中国を代表する銘茶として有名で日本で言う富士山のような山で作られています。
 独特な高山植物の中で作られているので草花の様な清潔な香りが、お茶に移っています。
 日本の緑茶のような揉捻をしていないため繊維が残っていることが特徴です。
 栗香を感じる甘い青草の香りです。
e0177766_12343374.jpg
茶葉の美しさを楽しむ淹れ方でいただきました。
茶葉の美しさが一層映えて春を感じます♪
e0177766_12392274.jpg
☆西湖龍井 浙江省
 日本の鹿児島位に位置する西湖の周りが産地の緑茶です。
 西湖と言えば春は桃、柳、夏は湖の中央に蓮、秋は金木犀の香り、
 冬は枯れた蓮の様子が美しい四季を通じて楽しめる湖でも有名で
 晴れても雨が降っても美しくあのマルコポーロにも出てきています。

 昔は13~14才の柔肌の少女が摘んだ茶葉だったらしいですが今では
 お婆さん方が摘まれているらしいです(苦笑)
 清の時代に皇帝乾隆が狮峰山を訪問した際、龍井茶でもてなされ、
 その美しい外観エレガントな香りと芳醇な味に感激したそうです。
e0177766_12582678.jpg
西湖龍井よりさらに上質な茶葉を変わった方法でいただきました。
西湖龍井に比べ少し黒味を帯びています。
e0177766_13111510.jpg
☆獅峰龍井茶 浙江省
 清明(4月4~5日)の前に収穫した芽から作られた明前茶は
 最も品質の良い龍井が作られると言われております。
 一芯一葉か一芯二葉の茶葉を手で摘み取ります。
 芽の長さが2.5~3.0cmの茶葉は最も良いグレードとされております。
e0177766_13182385.jpg
底湯をはった後茶葉を入れ瓢箪の尺ですくっていただく風流な飲み方
e0177766_13203779.jpg
皇帝乾隆が病気で臥せっている母親に持ち帰った所、何とも言えない良い香りに気づき、
その茶葉でお茶を淹れ母親に飲ませたところ彼女の病気はすっかり回復したそうです。
非常に嬉しく思った乾隆は18本のお茶の木を皇室茶として認定しました。
それ以来、龍井は皇帝への献上茶としての地位を揺るぎないものにしました。
今でもその18本のお茶の木は狮峰山に残っております。
龍井は中国の「国茶」として、また常に海外からの要人をもてなすための
お茶として用いられております。
e0177766_1335422.jpg
美しい茶壺で淹れていただいたお茶はミャンマーの緑茶でした。
e0177766_13404163.jpg
☆緑毛茶 ミャンマーピンダヤ
 酸味と苦みがありしっかりとしたレモンイエロー色
 雲南省と隣接している町で古い茶文化が残っている所です。
 茶は古くは薬とされていて食となり飲む風習となりました。
 中国最古の王朝、殷の時代では茶葉は料理されていました。
e0177766_1348574.jpg
これからしばらくの間は新茶が楽しめて本当に嬉しい季節
来月はどんなお茶に巡り合うのでしょうか♪
by j_noel | 2014-04-16 20:41 | Tea | Comments(0)

京都 銀月サロン 桜茶会
e0177766_162169.jpg
素敵なお友達のお誘いで京都茶山にある銀月サロンの桜茶会に行って来ました。
e0177766_1632548.jpg
京都北白川に佇む洋館銀月アパートメントのレトロ感は私の住む北野町に
通じるものがありました。
e0177766_1671887.jpg
時間が止まったような空間はとても居心地が良く久しぶりにリラックスする事が出来ました。
e0177766_1195461.jpg
まずは、このサロンの小絵子さんオリジナルブレンドのジャスミンスパークリング
窓際の桜が、あんまり美しいのでリクエストして手タレをお願いしました。
e0177766_16125528.jpg
鳳凰単叢 蜜桃香のほのかな桃の香りをいただきながらやはり目で窓の外の
桜を追ってしまいます。
e0177766_16152197.jpg
小絵子さんのしなやかなにしなる手で淹れていただく中国茶
e0177766_16173829.jpg
ピクニックのように籠に入った点心お酒の春鹿も美味しくいただきました。
e0177766_16184855.jpg
桜羊羹と共にいただいた安渓鉄観音バラの花びらを浮かせて
e0177766_1621140.jpg
素敵な空間の中国茶サロンは、とても居心地が良くあっという間に時間が過ぎていました。
e0177766_1625696.jpg
実はこの枝垂れ桜、男性だそうです。
アパートと同じ100歳位なのでお爺ちゃんみたいですが
そんな事は気にならないほど艶やかで花色気があり見る人を魅了します。
連れていてくださったお友達が「恋しくて恋しくて」と言われていた
理由が分かるような気がしました。
by j_noel | 2014-04-13 16:00 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 3月春分
e0177766_11503694.jpg
☆重三 3月3日 上巳(ジョウシ)の節句 
 魏(202〜265年)より始まる
☆春分 3月21日  昼夜等分 
 春分前に摘むお茶を社前と言い皇帝献上茶とされていました。
 春茶の一番摘みのお茶は政(まつりごと)に使うお茶でした。
 清明節(4月5日)には天地に奉納するお茶とされました。
 社前摘みの代表的なお茶は四川省の蒙頂黄芽(もうちょうこうが)で
 2500年前から作られているお茶です。
           
         
         
e0177766_11581074.jpg
武夷岩茶の香りを楽しむ烏龍茶を淹れました。
中国茶は香りを形容するのに蘭香、水仙香、くちなし香、柑橘香がありますが
バラ香は、とても珍しいです。
e0177766_11584085.jpg
☆黄玖瑰(ファンメクイ) 福建省 武夷岩茶 青茶
 黄色いバラと言われ水色は黄色
 茶の発酵は3割位で最近出来たお茶です。
 わずかに香ばしいローストした味です。
e0177766_11590369.jpg
床の間には早春の香りと青々しい菜の花が飾られていました。
e0177766_11594823.jpg

☆正山小種(ラプサンスーチョン)福建省 紅茶
 漢方薬の香りのする世界最古の紅茶
 烏龍茶の発酵が進みすぎて失敗したと思ったが飲むと、
 とても美味しいのでヨーロッパで愛好されたのが誕生秘話です。
 蓋碗でゆっくりと淹れて楽しみました。
e0177766_12014512.jpg
茶葉の表面に網目の模様が見えて葉の形状がくるっとしている
そういう形状の茶葉は日に当たらない部分は甘くなります。
そろそろ緑茶が多くなる季節です。
緑茶と相性の良い青磁器の茶杯に淹れます。
e0177766_12021505.jpg
☆太平猴魁 安徽省 緑茶
 本物には中々出合わないと言われる高級茶で茶葉は大きい
 飲みきった後に蘭香が広がり清涼感のあるお茶です。

e0177766_12022906.jpg

高さのあるガラスの器で淹れると美しくグラスの中で広がる様子は
水中花が広がるような美しさです。
e0177766_12043014.jpg
☆点心
 豚漫(ヨモギ、菜の花、筍、キクラゲ、椎茸)
 苺杏仁

e0177766_12030686.jpg
福建省の南部 永春で作られていた佛の手のような形と言われた
お茶を淹れました。

e0177766_12040848.jpg
☆仏手 福建省 武夷岩茶
 茶葉は大きく茶色、香木の香り


by j_noel | 2014-03-19 22:57 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 2月立春
e0177766_10582315.jpg
✩立春 二月四日  
 立春大吉万事好 陽気凍解く 青衣を着 青旗を立てる
 五行思想上 宣入新春万事亨通 つなひきは、立春の遊び
✩雨水 二月十九日 雪が雨に変わる 草木が芽吹く
 立春は1日だけの呼びかたではなく立春から雨水までの2月4日~19日
 の間を呼ぶ事もあります。
e0177766_13422275.jpg
磚茶(レンガ型の四角い圧縮された形状のお茶)
割らないように繊維に沿って砕いていきます。
e0177766_13484737.jpg
青碍茶 湖北省2010年 黒茶
五行思想上で春=青 夏=朱 秋=白 冬=黒 土用の頃=黄
春先の青い名前の付く茶葉をいただきました。
チベットではバターを入れて岩塩を入れて体が温まる淹れ方でいただきます。
味は濃いがクセがないのが特徴
e0177766_13552880.jpg
床の間にはお雛様が飾られていました。
竹籠に入った黒茶ですが散茶状態になっています。
竹は茶葉を保存するのに軽く防虫作用、茶葉との相性が良くて
非常に適しています。
e0177766_13592988.jpg
金花六堡茶 広西省2007年 黒茶
蓋碗でゆっくりといただきました。
金花というのが発酵させているカビの名前で六堡茶は茶の種類
墨を溶いたような美しい黒色の水色
e0177766_144330.jpg
青茶の最高峰で有名な大紅袍
外気との温度差で風情が漂う湯気があがります。
e0177766_1481520.jpg
大紅袍 福建省2013年 青茶(岩茶)
初夏に摘んで熟成させ7月位に出荷されたものです。
新芽が吹く時に赤い芽が出てきて遠くから見ると新芽が赤いマントがかぶさっているように見える
難病が治った皇帝が茶の木にお礼で赤いマントをかけたなどと
沢山の逸話がある有名なお茶ですが昔は芽が出る瞬間までお坊さんが
木の下で寝泊りして「芽が出た!」と言う一声で茶摘み人夫が
茶葉を摘み摘んでいる間は口を開いてはならないと神聖なお茶とされていました。
e0177766_1419890.jpg
点心は珍しい蒸し稲荷中の具は体の温まるものが沢山入っていました。
e0177766_142058.jpg
沢山のドライフルーツや伊予柑ゼリー
e0177766_14212018.jpg
薄いピンク色の梅の花
e0177766_14215956.jpg
いつも凛として美しい所作の先生が淹れてくださるお茶は格別です。
by j_noel | 2014-02-19 20:30 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 九月 重陽
e0177766_21111736.jpg
そろそろ涼しくなってほしい所ですが今日も33℃と真夏日のような暑さ\(◎o◎)/!
身体も整わず絶不調でした。
☆二百十日 九月一日頃 立春から数えて二百十日目
        稲に花が咲く頃
☆白露 九月八日頃 草木に露 燕が南に帰る。
☆重陽 九月九日頃(五節句の最後) 菊の節句(菊酒、菊茶をいただく)
      秋の空気が澄んでいる頃 登高(高い所にに登って野宴をすると良い)
e0177766_21214721.jpg
大き目の茶葉を丸くした物で丸めているので広げると結構大きい
e0177766_2122426.jpg
☆滇紅龍珠 雲南省 紅茶 
 女紅香がして滇紅よりは渋いが4煎目は角が取れた味に変わります。     
e0177766_21302921.jpg
茶葉が繊細で細かいので高すぎる温度で淹れますと甘みや潤いとともに
清涼感も失ってしまいます。
e0177766_21362951.jpg
☆担洋工夫 福建省 紅茶 
 茶葉の色は漆黒で光沢ありフルーティな甘味がします。
 酸味をおびた柑橘系の風味がだんだんと感じられミルクとのブレンドに合いそうです。
e0177766_21403576.jpg
蓋碗でゆっくりと淹れる菊茶
e0177766_21432475.jpg
☆貢菊 安徽省
 花に弾力があり全部白い花びらが良質な物です。
 茶の香を助ける花で中国では生薬として日本では漢方として利用されています。
 めまい、眼の疲れ、解毒、消炎、鎮静作用、高血圧などに良いとされています。
e0177766_21465567.jpg
今年の貢菊は香りが豊でした。
e0177766_21475284.jpg
☆点心
 肉と野菜をクレープで包んだ物
e0177766_21491392.jpg
☆月餅 
 中国では昔から中秋節には家族揃って円形に食卓を囲み
 欠けのない満月のように円い食器で食事をして家族団らんを楽しみます。
 また、この時期には月餅を親しい人やお世話になった人に贈る習慣があり
 中秋節に月餅はかかせません。
 北京で老舗の「稲香村」の月餅
e0177766_21505955.jpg
解茶タイプの普洱茶、洗茶は2回します。
e0177766_2353325.jpg
☆普洱熟解茶2003年 雲南省
 黒く発酵させている熟茶で10位の物は丁度良いとされています。
 味は角が無くまろやかでお白湯みたいです。
 親指の先の大きさで数千円と高価で上質な普洱茶でした。
e0177766_23592964.jpg
お茶をいただく前は暑くて体がだるかったのですが
飲み終わってよい感じで汗も引き体が整いました。
お茶って不思議・・・・・・







 
by j_noel | 2013-09-12 21:09 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 八月 立秋
e0177766_16251254.jpg
暦の上では立秋でしたが本日は、こちらに着くまでに汗だく・・・・・・
今しばらくは涼しさを感じたい1日でした。
*立秋  八月八日頃    
*孟蘭盆 八月十三日頃   旧暦七月十五日 中元節
 花を供えたり、手に入る食べ物を供える
*処暑  八月二十三日頃  夜風に虫の声 
e0177766_1637404.jpg
☆茉莉白龍珠 新茶 福建省福州
 7月に摘み取った茉莉は粒が小さく白く高級とされています。
 かすかに香る香りがエレガント最盛期の物は少し香りが強いです。
 香りも少し物足りない位が高級品です。
 1煎目の味は甘く2煎目からは少しきりっとして来ます。
e0177766_16462292.jpg
湯の温度を下げ湯層に水龍が集まるのを見ます。
中投法で香りを楽しむよう蓋をします。
e0177766_16513663.jpg
☆太湖翠竹 江蘇省無錫
 鈴を掘り過ぎて鈴が無くなってしまった事から付いた地名で刺繍や繊維が有名な所です。
 土壌が綺麗な所で作られた緑茶ですべりのある艶のある緑茶です。
 2010年から発売された比較的新しい種類の茶葉です。
e0177766_1742526.jpg
蓋碗でゆっくり温度を下げて中投法でいただきます。
e0177766_1785090.jpg
☆2012年陳年 白牡丹 福建省
 寝かして茶味を深くした白茶です。
 
e0177766_17105034.jpg
最初は洗茶して中投 法で淹れます。
e0177766_17141883.jpg
今年出来たての菊花茶を淹れます。
e0177766_17153952.jpg
季節で言うと春の陳年 白牡丹と秋の新茶 菊花茶、春と秋、新しい物と古い物、
真逆の物を混ぜ合わせる事によって香りが高くなります!
e0177766_17183623.jpg
☆点心
 魚のすり身とエビのシュウマイ、ぶどうシロップの氷

日中の暑さもいつの間にかどこかに行き美味しくお茶をいただく事が出来ました。
by j_noel | 2013-08-08 20:23 | Tea | Comments(0)

美しい中華 「京 静華」Ⅱ
e0177766_1343923.jpg
「京 静華」Ⅰの続きです。
〆は冷麺か毛蟹のチャーハンだったのでひとつづつ頼んでシェアしました。
トマト、キュウリ、ナスなどの野菜にコラーゲンたっぷりの冷麺
黒酢かラー油を好みで入れます。
e0177766_13235058.jpg
黄金に輝く綺麗な毛蟹入りのチャーハン
e0177766_13313690.jpg
杏仁豆腐はシンプルでなめらかな優しい味ですが
「おかわりは随意にどうぞ!」とワインクーラーで冷やしてある器から
自由におかわりをいただけるのが嬉しい♪
e0177766_1335862.jpg
桃のコンポートの上に八角の泡、ココナッツ饅頭、杏仁の杏で出来たクッキー
e0177766_13385370.jpg
最後の飲み物はフルーツがふんだんに入ったフルーツティー
エレガントなマダムのサービス、お料理を詩人のように説明される
穏やかなシェフのセンスが感じられる唯一無ニのレストランでした。
by j_noel | 2013-07-15 18:30 | Gourmet | Comments(0)

無茶空茶 七月 半夏雨
e0177766_13524495.jpg
床の間には大好きなテッセンが飾られていました。
*半夏雨 七月二日頃 夏至から数えて11日目、梅雨の雨強 大雨になる事が多い
*小暑 七月七日頃 暑さひとしお、古来は曝涼の習慣
 曝涼(バクリョウ)
 天気のよい乾燥した日を選んで衣類・書籍などを日にさらし風を通して
 カビや虫のわくのを防ぐ事です。
*七夕 七月七日孟秋 2500年前、漢の時代からのしきたりで梶の葉に
 朝露で墨を溶いて願い事を書く風習があった。
e0177766_1419883.jpg
白茶と緑茶が混ざった珍しい茶葉、白毛猴(はくもうこう)を
中投法でゆっくりと淹れました。
温度を下げる為に高い位置から湯を淹れます。
e0177766_1427199.jpg
☆明前 白毛猴 福建省
 「白毛の猿」に由来すると言われています。
 微発酵で釜炒りする時に付く芝の香りがします。
 豆香、煙の香りがするスモーキーな味です。
 飲み終わって香りをかぐと花香に変わる不思議なお茶です。
 一芯二葉で良く見ると白毛のお猿さんが木に止まっているようにも見えるのです\(◎o◎)/!
e0177766_14524691.jpg
武夷岩茶なので熱湯で蓋碗を使って茶葉をならしながら淹れます。
e0177766_1457138.jpg
☆肉桂荒茶 青茶 武夷岩茶
 茎の香りを葉に付けて火入れや焙煎がされていない茶葉です。
 キンモクセイの香りがする青々しい味です。
e0177766_1535291.jpg
中国紅茶を工夫式で淹れた冷茶でいただきました。
茶葉の量は冷茶の時は3倍入れ茶葉が湯を吸うようにゆっくり煮出します。
沢山の氷を入れた器に淹れ直し茶杯に淹れます。
e0177766_1584996.jpg
☆担洋工夫 冷紅茶 福建省
 香りは甘みを含んだ酸味がきりっと柔らかく奥深い味です。
e0177766_15211283.jpg
☆点心 
 干し椎茸や豚、ナツメで炊いた冬瓜のスープ
 ヨーグルトとクリームチーズの底にヒマワリが入ったムース上には山もも
 マンゴ、黒イチジク、梅干、ぶどうなどのドライフルーツとナッツ類

暑い夏も中国茶を飲んで乗りきりたいですね!

 
by j_noel | 2013-07-11 22:49 | Tea | Comments(0)


愛犬や神戸北野町の事 大好きな物を綴っています                               
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Profille
2011年
中国茶、日本茶、紅茶、
ハーブティーのティーマイスターの資格を修得
現在ティーコンシェルジュとして色々なイベントの企画構成を手がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
My Website
*Diary2007 March ~
 Diary2009 July

*Maison Doux
*J-noel&B

・・・・・・・・・・・・・・・・・






カテゴリ
最新の記事
香川中国茶会 弥生
at 2017-03-01 18:18
Seiichiro,NISH..
at 2016-11-20 13:14
9月の神戸中国茶会のお知らせ
at 2016-09-17 14:10
香川中国茶会 文月
at 2016-07-06 22:00
発見Discovery
at 2016-06-19 22:53
以前の記事
最新のコメント
鍵コメ3月22日 14:..
by j_noel at 03:11
25日(金)に参加します..
by 衣笠正興 at 14:50
☆鍵コメKさま ありが..
by j_noel at 01:09
こんばんは、先日は久遠の..
by 衣笠 正興 at 03:35
☆鍵コメ2016-02-..
by j_noel at 10:30
衣笠さん ありがとうご..
by j_noel at 17:03
写真がとても素敵で、楽し..
by おのえ at 20:09
先日はありがとうございま..
by 衣笠 正興 at 19:21
2016-01-13 1..
by j_noel at 01:56
juncoさま 北野で..
by にゃま at 11:31
タグ
(834)
(164)
(151)
(141)
(128)
(123)
(120)
(106)
(105)
(103)
(97)
(86)
(61)
(52)
(50)
(49)
(43)
(42)
(35)
(33)
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧