タグ:大阪 ( 105 ) タグの人気記事

studio DOLCE サマーギャザリング
e0177766_14472871.jpg
関西で絶大なる人気のサロンstudio DOLCEのサマーギャザリング レッスンに
参加させていただきました。
e0177766_14473499.jpg
久仁美先生のテーブルコーディネートはシンプルで素敵でした。
e0177766_14474052.jpg
ホワイト&ネイビーのマリンを上品に可愛らしく♪
手作りのナンタケットバスケットのナプキンリング
e0177766_14481752.jpg
お飲み物も久仁美先生自ら注いでくださいました。
e0177766_14505850.jpg
真っ白なしつらいの中にエメラルドグリーンがアクセントカラーになっています。
e0177766_14482368.jpg
今回はYummy’s Kitchenの由美先生とのコラボレッスンでした。
e0177766_14482877.jpg
ガラスのコーディネイトにぴったりなスィートコーンのムース
e0177766_1563015.jpg
ハモのエスカベッシュ サラダ仕立て
e0177766_14493571.jpg
フルーツトマトのカッペリーネ
e0177766_14494272.jpg
スズキのポワレ オマール海老のソース
e0177766_14494996.jpg
ムース仕立てのケーキと色がお揃いのマカロン
e0177766_14502552.jpg
大ぶりの白い紫陽花がテーブルのアクセントで綺麗です。
e0177766_1450095.jpg
ネームカードもマリン♪
e0177766_1451351.jpg
本当に素敵な久仁美先生のサロンでのサマーギャザリング
由美先生のお料理も美味しくてご一緒させていただいた皆さんとも
和気あいあいと楽しく過ごさせていただきました。

ぽちっとワンクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2015-07-04 18:47 | event | Comments(0)

京都 L'EMBELLIR ランベリー SATOYAMA
e0177766_21381844.jpg
岸本シェフと来年の打ち合わも兼ねてランベリーでのランチ
今日は新しい試みのお料理らしいです。
e0177766_21383925.jpg
Amuse bouche
京都木津鹿背山産初卵
若い鶏が産んだ初卵、サイズは小さいですが稀少価値があるそうです。
e0177766_21391497.jpg
SATOYAMA
佐渡ヶ島産イチジクとホオズキ、椎茸のファルシ エポワズの香り
秋の里山の豊作のイメージ
e0177766_2140786.jpg
鴨のパテ、栗、イチジクのジュレ寄せ、椎茸のコンフィ、銀杏の素揚げ、ホオズキ
e0177766_21402587.jpg
鱈のポワレ オレンジの香り
ヨーグルとのコンディマン 蕎麦の実のリゾット添え
e0177766_21405951.jpg
ワインの味も格別です!
e0177766_21411695.jpg
北海道夏鹿のポワレ山葡萄のソース季節の野菜と共に
e0177766_21414341.jpg
プレゼンテーションが楽しいクレープシュゼット
e0177766_21415411.jpg
長野産リュバーブのコンポートとグラスヴァニース
クレープシュゼット フランボワーズのソース
e0177766_2142473.jpg
本当は、このデザートだったのですが先日いただいたばかりなので特別に
変更してくださいました。
e0177766_21423229.jpg
中庭の紅葉の緑がもうすぐ赤く色づきます。
春の桜は更に素敵でしょうね♪

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-10-02 21:32 | Gourmet | Comments(0)

無茶空茶 7月大暑
e0177766_149095.jpg
夏至から大体一か月後が大暑になります。
梅雨があけて夏の日差しも一番暑くなる頃です。
夏至~小暑~大暑から立秋(8月7日)
大暑の期間は立秋の前日までです。

*半夏生 7月2日 どくだみ科はんば生じる
*小暑  7月7日頃  暑さ高まる。 
*七夕  五節句の1つ「乞巧」と言う。針仕事の巧を乞う。
      「喜子(くも)」網すれば符応ず 蜘蛛の柄は縁起が良いので茶道具に
使われる事が多い
7月7日の夜、富・長寿・子の三つの中の1つを乞う
およそ漢代から七夕は占いの要素を含み短冊に願い事を書く
七夕は牽牛と織姫の天の川をへだてた物語を2500年前から擬人化しています。
e0177766_15154574.jpg
ウエルカムティーは茉莉花茶、喉を潤してくれます。
e0177766_14301393.jpg
陳年の白茶は涼の作用を持っています。
ガラスのポットを使って茶葉が沈んで行く様を待ちます。
e0177766_14341321.jpg
☆2013年陳年 白豪 銀針 福建省
 七夕は針仕事が上達するのを願い日でもあるので、それに因んだ茶葉
 白豪銀針を淹れました。
 冷たい飲み物をついつい飲んでしまいがち体温が下がると肝機能が衰えます。
 中国茶はあえてその物の体質で涼を摂る方法を行います。
 陳年の茶葉なので味は少し紅茶よりかな・・・・・
e0177766_1518211.jpg
今回乾菓はフィンガーフード風で素敵でした♪
e0177766_14412529.jpg
蓋碗で一人一人ゆっくりと淹れました。
e0177766_14435919.jpg
☆安渓鉄観音 福建省
 ネームバリューがあるので贈答品のトップだと言われています。
 痩せた土壌から出来る茶葉ですが年に4回採る事が出来ます。
 特に春と秋の品質が良く春茶は香りが、しっかり味はまろやかです。
 秋茶は香りが軽く味は深みがあります。

 茶葉というのは元々土に付きにくく付いても成長しにくいですが
 土に付くと素晴らしいマリアージュとなるのです。
 銘茶と言われる茶は茶樹だけが素晴らしいのではなく土壌も必ず素晴らしいのです。
e0177766_14524270.jpg
可愛らしい白菜の茶杯でいただきました。
 白菜は見ず水々しさや若々しさを意味して皇帝に嫁入すると時に白菜を持って行き
 純潔である事、豊潤である事、子孫を繋ぐと言う事を誓ったそうです。
e0177766_15101746.jpg
☆黄枝香単叢 広東省
 クチナシの樹がちょうどその花を咲かせたような時の香りがするお茶です。
 黄枝香の樹はとても高く、そして枝を大きく広がっています。
 黄枝香の香りは一千数百メートルの高地と茶木が育つ過程で茶葉が山上の
 天然の霧水を吸収し気候の変化を受けて生み出される自然が作り上げた香りです。
e0177766_1520631.jpg
点心は棗、椎茸、干しエビなどを一晩漬けて作った冬瓜スープ
優しい味で美味しかったです!

ぽちっとワンクリック宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
こちらもぽちっとよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-07-31 23:08 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 6月入梅
e0177766_12443134.jpg
6月の頭が36℃と猛暑日で今年はどうなる事かと心配していましたが入梅すると少ししのぎやすくなった今日この頃です。
*芒種 6月6日頃  中国の端午の節句、田植えの時期、穀物の種をまく時期
*入梅 6月11日頃 梅の実熟す。 
*夏至 6月22日頃 北半球では一年で最も昼が長くなる。
夏至の日は水仕事をして麻の服を着る。
「雨下地上湿」自然の作用はからいのさま 大慧語録
e0177766_12493268.jpg
清明節前の明前茶4月5日から20日頃に穀雨という24節気のひとつの節を迎え
穀雨より前に摘んだ雨前茶、穀雨と立夏の間に摘んだ日本の新茶をいただきました
e0177766_12545444.jpg
私が最も愛する緑茶の碧螺春を上投法で丁寧に淹れました。
e0177766_12571026.jpg
☆明前碧螺春(へきらしゅん) 江蘇省
 中国十大銘茶の一つで江蘇省の太湖のほとりが産地
 碧螺春の名前の由来は洞庭東山碧螺峰の石壁に数株の茶樹があり
 地元の人達が「嚇殺人香」(人を殺すほど良い香り)と呼んでいたのを
 清の康煕帝が、その山の名前を取って「碧螺春」となずけたと言われています。
 形状が螺旋形で白い産毛を持ち、この白い産毛の多いほど風味が高いと言われています。
e0177766_13471.jpg
雨前茶をひとりづつ蓋碗で贅沢にいただきます。
e0177766_1364439.jpg
☆雨前休寧松羅(きゅうねしょうら) 安徽省
 明の時代からの献上茶で黄山の銘茶で最高級の「野生松羅茶」は500g¥60,000もします。
 オリーブの香りがして緑の葉の風味が感じられる緑茶でした。
e0177766_1320464.jpg
中国茶の間に日本の新茶もいただきました。
e0177766_13215338.jpg
☆嬉野茶 佐賀県
 煎茶は「伸び茶」と「グリ茶」という2種類に分けられていて嬉野煎茶は「グリ茶」に分類されます。
 嬉野茶は伸び茶に比べて葉が丸いため湯の中でじっくり時間をかけながら茶葉の
 うま味成分を抽出していきます。
 そのため一般の煎茶とは異なって煎がきき深みがある味わいと渋みのない甘さが特徴です。
e0177766_13284760.jpg
最後にいただいたシルバーニードルたっぷりの白豪銀針
e0177766_13314879.jpg
☆眠前白豪銀針 福建省
 茶葉は翡翠色の白茶です。一日の収穫量はベテランでも500gと貴重な茶葉です。
 喉韻と呼ばれる喉の奥に残る甘い後味が特徴です。
 春草の様な柔らかで甘い香りがします。
e0177766_13382142.jpg
明前茶や雨前茶のように新茶をいただくとお茶の生命をとても感じます。
しばらく新茶に浸りたいと思います♪
by j_noel | 2014-06-12 20:53 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 5月小満
e0177766_1065640.jpg
晴天が続きホコリぽい毎日でしたが今日の雨は、まさに恵みの雨
空気が潤いました。
今日は白茶、緑茶、紅茶と明前茶の飲み比べをしました。

*立夏 五月五日頃     春が褪せて夏の気立つ
*端午 旧暦 五月五日頃  夏至近くなるので暑気払いの毒虫よけの祀り事をする
                  五毒虫を食べる習慣
*小満 五月二十一日頃  杏・梅・桃・ざくろなどの実が付き始める。
                  物事は、ほぼ見通しがつく(この頃までに物事を決めると良い)
e0177766_10254377.jpg
最初は珍しい雲南省の紅茶でした。
茶葉が金色は発酵して酸化酵素による為です。
発酵を止めると緑茶ですが酸化酵素によって葉の中のカテキンが茶褐色に
変えられて染まります。
e0177766_10302916.jpg
☆明前滇紅(てんこう) 雲南省2014年
 原種に近い大きな葉の雲南大葉種で茶味はまだ未熟な味です。
 本当は6月位が飲み頃のようです。
 そのせいか水色は薄く香りは1煎目の方が良い

 茶具敷物は五月の節句に因んで鯉です。
e0177766_1036680.jpg
黒と白不思議なコントラストの茶葉は10%~15%の発酵茶葉です。
中投法で丁寧に淹れました。
e0177766_10394630.jpg
☆明前月光白 雲南省2014年
 1芯1葉の月光白は茶葉の白い部分を月の光に黒の部分を闇に見立てたと言われています。
 通常日光か室内でする工程の萎凋(いちょう)を月の光でさせるとも言われます。
 月の光をまとった神々しいお茶は皇帝献上茶として愛されました。
e0177766_1046375.jpg
更に発酵の進んだ円盤状に固めた餅茶(ビンチャ)との飲み比べです。
e0177766_10482852.jpg
☆餅茶 雲南省2011年
 枯れて行く味を楽しみ明前茶より味が柔らかくなったのを楽しみました。
e0177766_1184839.jpg
同じ茶葉の発酵の進み方を比べるのも楽しいです。
e0177766_10503854.jpg
芽茶を楽しむ為にガラスの急須で温度を下げて淹れました。
e0177766_10582342.jpg
☆明前峨眉竹葉青 四川省2014年
 峨眉竹葉青(がびちくようせい)は四川省の中南部にある中国三代霊山のひとつ
 1996年にユネスコより世界遺産に登録された峨眉山が産地
 名前の通り竹の葉のような形状と茶葉は青々としています。
 1片と数える茶葉は芽茶と言い明前茶より前に摘まれています。
 茶葉の特徴は上質のものほど産毛に覆われていています。
 その味わいは涼しい味わいの中に、キリリとした旨みと甘い豆香がします。
e0177766_119818.jpg
☆点心
 チマキとトマトのデザート
 チマキの由来は中国の伝説では楚の愛国者だった政治家で詩人の屈原(くつげん)が、
 羅汨江(べきらこう)で入水自殺した後、民衆が弔いのため魚が屈原の亡骸を
 食べて傷つけないように魚に米の飯を食べさせるためだったそうです。
 端午の節句の日(端午節)に笹の葉で包んだ米の飯を川に投げ入れたのが
 起源とされています。

 屈原と言う人物は人々の人望を集めていましたが陰謀によって失脚しました。
 失望した屈原がその時、書いた「離騒」は中国文学史上名作と言われました。
by j_noel | 2014-05-12 20:17 | Tea | Comments(0)

無茶空茶 4月清明
e0177766_11445843.jpg
桜の季節が終わりいよいよ新緑の季節になりますが今年は季節がとても不安定・・・・・・
私にとっては新茶も出回りだして楽しみな季節です。
*清明 4月5日  清浄明潔 天地間春気満
*穀雨 4月20日 万物長生雨時 五穀潤雨 
 清明から穀雨までの茶葉を雨前茶と言い穀雨以後の茶葉は雨後茶と言う
 緑茶は清明に近い時期に摘むほど香りと甘味があって高級です。
e0177766_1155437.jpg
世界遺産登録指定を受けている黄山で作られた黄山毛峰をいただきました。
一芯一葉で摘み取られており新芽には艶があり薄い緑色をしています。
e0177766_1225303.jpg
☆黄山毛峰 安徽省
 中国を代表する銘茶として有名で日本で言う富士山のような山で作られています。
 独特な高山植物の中で作られているので草花の様な清潔な香りが、お茶に移っています。
 日本の緑茶のような揉捻をしていないため繊維が残っていることが特徴です。
 栗香を感じる甘い青草の香りです。
e0177766_12343374.jpg
茶葉の美しさを楽しむ淹れ方でいただきました。
茶葉の美しさが一層映えて春を感じます♪
e0177766_12392274.jpg
☆西湖龍井 浙江省
 日本の鹿児島位に位置する西湖の周りが産地の緑茶です。
 西湖と言えば春は桃、柳、夏は湖の中央に蓮、秋は金木犀の香り、
 冬は枯れた蓮の様子が美しい四季を通じて楽しめる湖でも有名で
 晴れても雨が降っても美しくあのマルコポーロにも出てきています。

 昔は13~14才の柔肌の少女が摘んだ茶葉だったらしいですが今では
 お婆さん方が摘まれているらしいです(苦笑)
 清の時代に皇帝乾隆が狮峰山を訪問した際、龍井茶でもてなされ、
 その美しい外観エレガントな香りと芳醇な味に感激したそうです。
e0177766_12582678.jpg
西湖龍井よりさらに上質な茶葉を変わった方法でいただきました。
西湖龍井に比べ少し黒味を帯びています。
e0177766_13111510.jpg
☆獅峰龍井茶 浙江省
 清明(4月4~5日)の前に収穫した芽から作られた明前茶は
 最も品質の良い龍井が作られると言われております。
 一芯一葉か一芯二葉の茶葉を手で摘み取ります。
 芽の長さが2.5~3.0cmの茶葉は最も良いグレードとされております。
e0177766_13182385.jpg
底湯をはった後茶葉を入れ瓢箪の尺ですくっていただく風流な飲み方
e0177766_13203779.jpg
皇帝乾隆が病気で臥せっている母親に持ち帰った所、何とも言えない良い香りに気づき、
その茶葉でお茶を淹れ母親に飲ませたところ彼女の病気はすっかり回復したそうです。
非常に嬉しく思った乾隆は18本のお茶の木を皇室茶として認定しました。
それ以来、龍井は皇帝への献上茶としての地位を揺るぎないものにしました。
今でもその18本のお茶の木は狮峰山に残っております。
龍井は中国の「国茶」として、また常に海外からの要人をもてなすための
お茶として用いられております。
e0177766_1335422.jpg
美しい茶壺で淹れていただいたお茶はミャンマーの緑茶でした。
e0177766_13404163.jpg
☆緑毛茶 ミャンマーピンダヤ
 酸味と苦みがありしっかりとしたレモンイエロー色
 雲南省と隣接している町で古い茶文化が残っている所です。
 茶は古くは薬とされていて食となり飲む風習となりました。
 中国最古の王朝、殷の時代では茶葉は料理されていました。
e0177766_1348574.jpg
これからしばらくの間は新茶が楽しめて本当に嬉しい季節
来月はどんなお茶に巡り合うのでしょうか♪
by j_noel | 2014-04-16 20:41 | Tea | Comments(0)

インターコンチネンタル大阪 NOKA
e0177766_14515237.jpg
インターコンチネンタル大阪の20FにあるNOKAに婦人画報からのご招待で行って来ました。
e0177766_1454443.jpg
広々としたオープンキッチンスタイルの店内、ブッフェスタイルですがシェフが新鮮な食材を
目の前で調理してくれます。
e0177766_14562574.jpg
中でもテンションが上がるデザートのコーナー
桜餅があったのも嬉しかったひとつ
e0177766_14581351.jpg
グラススタジオの雛壇に飾られたPetit foursが可愛くて中々手がつけれませんでした。
e0177766_151233.jpg
桃のお菓子もあったりカレーもあったり
e0177766_152841.jpg
見ていて綺麗なんです♪
e0177766_153723.jpg
ディナーだったので食材も本格的!
e0177766_1535619.jpg
デザートはクレープやワッフルも焼いてくれます。
e0177766_1543315.jpg
ワンランク上のブッフェスタイルは大変居心地が良く過ごす事が出来ました♪
by j_noel | 2014-03-22 14:50 | Gourmet | Comments(0)

麗しのダコワーズ oishii
e0177766_2381564.jpg
加藤千恵先生のラ・シャンブル・オ・コンフィチュールを使ったダコワーズ
とても上品でよい大きさです♬
しっとりした感じが食べやすくて私は大好きです!
e0177766_2315988.jpg
今日は千恵先生のデモストレーション「サントノーレ風春のタルト」にも使われました。
e0177766_23193937.jpg
美しい麗しのダコワーズです(^^♪
このスウィーツに合うのは私ならPARISIAN BREAKFASTパリジャン ブレックファストだな!
by j_noel | 2014-03-20 23:18 | Sweet | Comments(0)

無茶空茶 3月春分
e0177766_11503694.jpg
☆重三 3月3日 上巳(ジョウシ)の節句 
 魏(202〜265年)より始まる
☆春分 3月21日  昼夜等分 
 春分前に摘むお茶を社前と言い皇帝献上茶とされていました。
 春茶の一番摘みのお茶は政(まつりごと)に使うお茶でした。
 清明節(4月5日)には天地に奉納するお茶とされました。
 社前摘みの代表的なお茶は四川省の蒙頂黄芽(もうちょうこうが)で
 2500年前から作られているお茶です。
           
         
         
e0177766_11581074.jpg
武夷岩茶の香りを楽しむ烏龍茶を淹れました。
中国茶は香りを形容するのに蘭香、水仙香、くちなし香、柑橘香がありますが
バラ香は、とても珍しいです。
e0177766_11584085.jpg
☆黄玖瑰(ファンメクイ) 福建省 武夷岩茶 青茶
 黄色いバラと言われ水色は黄色
 茶の発酵は3割位で最近出来たお茶です。
 わずかに香ばしいローストした味です。
e0177766_11590369.jpg
床の間には早春の香りと青々しい菜の花が飾られていました。
e0177766_11594823.jpg

☆正山小種(ラプサンスーチョン)福建省 紅茶
 漢方薬の香りのする世界最古の紅茶
 烏龍茶の発酵が進みすぎて失敗したと思ったが飲むと、
 とても美味しいのでヨーロッパで愛好されたのが誕生秘話です。
 蓋碗でゆっくりと淹れて楽しみました。
e0177766_12014512.jpg
茶葉の表面に網目の模様が見えて葉の形状がくるっとしている
そういう形状の茶葉は日に当たらない部分は甘くなります。
そろそろ緑茶が多くなる季節です。
緑茶と相性の良い青磁器の茶杯に淹れます。
e0177766_12021505.jpg
☆太平猴魁 安徽省 緑茶
 本物には中々出合わないと言われる高級茶で茶葉は大きい
 飲みきった後に蘭香が広がり清涼感のあるお茶です。

e0177766_12022906.jpg

高さのあるガラスの器で淹れると美しくグラスの中で広がる様子は
水中花が広がるような美しさです。
e0177766_12043014.jpg
☆点心
 豚漫(ヨモギ、菜の花、筍、キクラゲ、椎茸)
 苺杏仁

e0177766_12030686.jpg
福建省の南部 永春で作られていた佛の手のような形と言われた
お茶を淹れました。

e0177766_12040848.jpg
☆仏手 福建省 武夷岩茶
 茶葉は大きく茶色、香木の香り


by j_noel | 2014-03-19 22:57 | Tea | Comments(0)

2014年 フランスフェア
e0177766_2215596.jpg

昨年に引き続き梅田阪急百貨店で2014年フランスフェアが開催されます。
先日のダルビッシュコートでのティーストーリーイベントで皆さんに召し上がっていただいた
フランス高級紅茶メゾンTHE O DOR の紅茶も出店しています。
e0177766_22211186.jpg
関西では中々テイスティング出来ないのでこの機会に皆さん色々と召し上がって
みてくださいね(^^♪
e0177766_22314389.jpg
パリで今人気沸騰のラ・シャンブル・オ・コンフィチュールのラインナップももちろん揃っています。
こちらの商品もテイスティングする事が出来ます。
e0177766_22401697.jpg
空いていれば紅茶の説明を加藤さんにしていただけますよ!
by j_noel | 2014-03-19 22:12 | Tea | Comments(0)


愛犬や神戸北野町の事 大好きな物を綴っています                               
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
Profille
2011年
中国茶、日本茶、紅茶、
ハーブティーのティーマイスターの資格を修得
現在ティーコンシェルジュとして色々なイベントの企画構成を手がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
My Website
*Diary2007 March ~
 Diary2009 July

*Maison Doux
*J-noel&B

・・・・・・・・・・・・・・・・・






カテゴリ
最新の記事
香川中国茶会 弥生
at 2017-03-01 18:18
Seiichiro,NISH..
at 2016-11-20 13:14
9月の神戸中国茶会のお知らせ
at 2016-09-17 14:10
香川中国茶会 文月
at 2016-07-06 22:00
発見Discovery
at 2016-06-19 22:53
以前の記事
最新のコメント
鍵コメ3月22日 14:..
by j_noel at 03:11
25日(金)に参加します..
by 衣笠正興 at 14:50
☆鍵コメKさま ありが..
by j_noel at 01:09
こんばんは、先日は久遠の..
by 衣笠 正興 at 03:35
☆鍵コメ2016-02-..
by j_noel at 10:30
衣笠さん ありがとうご..
by j_noel at 17:03
写真がとても素敵で、楽し..
by おのえ at 20:09
先日はありがとうございま..
by 衣笠 正興 at 19:21
2016-01-13 1..
by j_noel at 01:56
juncoさま 北野で..
by にゃま at 11:31
タグ
(834)
(164)
(151)
(141)
(128)
(123)
(120)
(106)
(105)
(103)
(97)
(86)
(61)
(52)
(50)
(49)
(43)
(42)
(35)
(33)
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧