タグ:蓮 ( 7 ) タグの人気記事

香川中国茶会 文月
e0177766_1224698.jpg
小暑 七月七日頃そろそr暑さも高まる頃となりました。
セミが鳴き始める頃で、この日から立秋までが暑中となり暦の上では暑中見舞いを出す時期に入ります。
七月七日は五節句の1つ「乞巧」と言います。
e0177766_1232231.jpg
夏らしい蛍焼きの茶器を使いました。
e0177766_12115271.jpg
大きな蓮の花
e0177766_1235433.jpg
今月は太平猴魁(たいへいこうかい)と言う安徽省の緑茶をお出ししました。
茶葉のサイズは最大6cmにも達し、高級緑茶の中では最大級の茶葉です。
茶摘みから始まり、製茶に至るまで大変手のかかる作業の連続で作られる太平猴魁は、
何れの茶葉も形が揃い、まるで精巧な「押し花」のようです。
e0177766_1244544.jpg
豪快な見た目に反し味や香りには気品があり、蘭の香りと芳醇な味が特徴です。
お茶を淹れた際の茶葉は外観がとても美しく、水中で茶がゆっくりと揺れ動く様子は「鳳凰の舞」と賞される程です。
e0177766_125238.jpg
生産地が限られていることや、熱狂的マニアが買い占めてしまうため、
本物が市場に出回ることは希です。
中国ではこのお茶を国家外交における献上茶として用いております。
e0177766_125138.jpg
1955年:中国茶トップ10に選ばれています。
1988年:最初の中国食品エキスポで金賞を受賞。
2004年:安徽省で開催された中国国際茶エキスポで「茶王」の認証を受けました。
e0177766_1254389.jpg
短冊がイメージの琥珀と合わせて
e0177766_126853.jpg
私が最も愛している干菓子はお客様からの差し入れ
e0177766_1262567.jpg
2煎目は少しきりっと淹れています。
e0177766_1273616.jpg
美しいガラスの茶器は大評判♪
e0177766_128419.jpg
二つ目のお茶は鴨屎香 鳳凰単叢 黄枝香 広東省
くちなしの香りのする珍しい茶葉です。
e0177766_1281449.jpg
ハマグリの琥珀と合わせています。
e0177766_1284924.jpg
本物のハマグリの貝の中に入っている珍しい和菓子もこの時期限定です。
e0177766_129421.jpg
竹の籠に入れて演出しています。
e0177766_1293859.jpg
季節のお干菓子は毎回30種類位の中からチョイスしてバランスを確かめ飾ります。
ささやかな事ですが、この工程に気を使います。
e0177766_12101596.jpg
今年は祇園祭のイメージはあえて外していたので名残を少しだけ飾りました。
e0177766_1210391.jpg
京ふきよせ
e0177766_12105065.jpg
木の葉
e0177766_12111388.jpg
午前中には蓮の花が、こんなに美しく開いていました。
いつもこのように素敵にお茶会をさせていただいているのは
お茶会をさせていただいているO邸の空気感があり
毎月ご参加してくださっているお客様のおかげです。
皆様に改めて感謝です。

ぽちっとワンクリックを宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 グルメブログ 中国茶・台湾茶へ
にほんブログ村
こちらもよろしくね!
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2016-07-06 22:00 | Tea | Comments(0)

京都 嵐山天龍寺の蓮
e0177766_1310108.jpg
お天気の具合で大きく変わり薄曇り位が丁度良い蓮の撮影
今年も出遅れてしまい京都嵐山の天龍寺に行きました。
e0177766_13111672.jpg
蓮は本当に不思議で魅力的な花です。
仏様が悟った時、蓮の花が開くそう
e0177766_13121338.jpg
蓮の花が開き黄色い種子が輝いて見える様がとても神秘的です。
e0177766_13123080.jpg
蓮の葉は、その微細構造と表面の化学的特性によって決して濡れることがありません
葉の表面についた水は表面張力によって水銀のように丸まって水滴となり泥や
小さい昆虫や異物を絡め取りながら転がり落ちます、この現象がロータス効果と言います。
e0177766_13125646.jpg
生食に使われる若い緑色の花托、固そうに見えますがスポンジのようにビリビリと簡単に破れます。
柔らかな皮の中に白い蓮の実が入っていて種は緑色のドングリに似た形状で
甘味と苦みがあり生のトウモロコシに似た食感です。
e0177766_13133586.jpg
泥から生え気高く咲く花まっすぐに大きく広がり水を弾く凛とした葉の姿が俗世の欲に
まみれず清らかに生きる事の象徴のようにとらえられ、このイメージは
仏教にも継承されました。
e0177766_13134460.jpg
時期をのがしてしまったので蓮の花も少なくてちょっと残念・・・・・・・・・
e0177766_1314547.jpg
天龍寺は「古都京都の文化財」のひとつとして世界遺産に登録されています。

ぽちっとワンクリックお願いします。
にほんブログ村 写真ブログ 女性カメラマンへ
にほんブログ村
by j_noel | 2014-08-04 20:08 | Photo | Comments(0)

京都 立本寺の蓮
e0177766_1384487.jpg
京都で仕事の打ち合わせ前に立本寺の蓮を写しに行きました。
e0177766_1403833.jpg
しかし・・・・・今回は全面的にNGでした。
理由は一目瞭然、蓮を撮影するような時間帯じゃなかった事
最初は嵐山の天龍寺に行く予定が電車が遅れた為に
時間がなくなり断念・・・・・
私が乗っていた前の電車に病人がいるとのアナウンス
かなり遅れて妊婦さんの調子が悪いとか\(◎o◎)/!
この暑いのに気の毒です!大丈夫だったのかなぁ?!
e0177766_1483086.jpg
打ち合わせ場所に一番近かった立本寺だったのですが時間が時間でしたから
完全に咲いて蕾んでしまった後
大きく開いた蓮は見れませんでしたが、こんな可愛い感じの蓮が・・・・・
e0177766_1515169.jpg
来年は前日からお泊りだな(^^ゞ
by j_noel | 2012-07-17 20:37 | Photo | Comments(2)

入賞♪
e0177766_17233247.jpg

私事ですが、嵐山で撮影したこの写真が
こちらで入賞させていただきました(^^♪
早起きをして蓮の花を撮影した甲斐がありました!
写真は京都ではなく江ノ電線で展示されるみたいです。
入賞者の写真はフォトブックになるそうなので楽しみ♪
by j_noel | 2011-10-01 17:21 | Photo | Comments(0)

蓮 その後・・・・・
e0177766_15562066.jpg
7月に嵐山の天龍寺で撮影した蓮
その後を見に行きました。
e0177766_15594070.jpg
あの天空の美しさからは一転していました。
e0177766_1603637.jpg
花弁は散ってしまい花托が蜂の巣のようです。
花托が受粉して果托となり蓮の実が採れるそうです。
e0177766_1935145.jpg
こんなに風景が変ってしまうなんて季節って不思議ですね
e0177766_19363931.jpg
芙蓉の花が可愛らしく今日は風もからっとしていて
もうそこまで秋が来ているんだなって感じました。
by j_noel | 2011-09-06 19:31 | Photo | Comments(0)

嵐山 天龍寺の蓮
e0177766_15194644.jpg
早朝からスタートして蓮の撮影に行きました。
阪急電車の嵐山線は静かでいいです。
e0177766_15222595.jpg
嵐山にある天龍寺は足利尊氏が後醍醐天皇の菩提を弔うため
大覚寺統(亀山天皇の系統)の離宮であった亀山殿を寺に改めたお寺です。
e0177766_15253764.jpg
放生池の一面に清らかな蓮が咲き満ちていました。
e0177766_15303446.jpg
時間が経つにつれてどんどん咲いていく蓮
e0177766_15314725.jpg
沢山の蓮にとても心を奪われながら気持ちが浄化されるのを感じます。
e0177766_15345293.jpg
気高く麗しき天上の花、仏の悟りの時、蓮の花開く
e0177766_1537214.jpg
蓮にたまる水は玉にあらなん
e0177766_15382635.jpg
仲良く寄り添ったように並んだ蓮のつぼみ
e0177766_15393392.jpg
蓮の花に包まれたようなミツバチ
e0177766_15402212.jpg
蓮の花は君子なるものなり
仏の悟りの時、蓮の花開く
e0177766_15423791.jpg
まるで花の中から神々しい光が照らされているよう
蓮の花は、まさに池にきらめく極楽の花・・・・・
蓮の花を眺めていると不思議と心が落ち着きました。
by j_noel | 2011-07-21 22:33 | Comments(0)

中国茶会 SAHCHAS
e0177766_15183117.jpg
先日茶箱のレッスンを受けたサロンjoie riche
憧れのSAHCHAS さんの中国茶会に初めて参加させていただきました。
e0177766_15323135.jpg
ウェルカムティーは水出しの龍井茶
今日は七夕と言う事で中国での七夕のお話や逸話など
興味津々のお話が盛り沢山(^^♪
テーブルコーディネイトは蓮尽くめ・・・・・・
e0177766_15533146.jpg
最初のお茶は双井茶(緑茶)
e0177766_15595825.jpg
龍井茶と安吉白茶を掛け合わせたお茶だそうです。
とても飲み易くさっぱりとした飲み口
e0177766_1623512.jpg
先程からチョコチョコ画像に写っているお茶請けですが
ニッキの葉で白玉を挟んだ物とおたふく豆
e0177766_8491963.jpg
白毫銀針(白茶) 新芽の部分の産毛が銀色に輝いています。
針のような形の新芽から「銀針」と呼ばれ欧州では「シルバーニードル」
という名で知られているとても高価なお茶です。
e0177766_901740.jpg
高価なお茶をシャンパングラスに少し低めの湯を先に注ぎ
茶葉は、その上から入れます。
そうする事で茶芽が垂直に立ち、うぶ毛がキラキラ光ります♪
繊細な味わいの中にほんのりと甘さがある爽やかなお茶です。
e0177766_9814100.jpg
お茶請けは、お待ちかねのSAHCHAS さんオリジナルの
本当に美味しい烏龍茶で煮た茶梅と凍頂烏龍茶梅、黒糖おこし、糖蓮子
e0177766_9123863.jpg
白葉単叢(烏龍茶) 大きな茶葉が特徴で豊潤な甘い香り
しっかりとした味わいですが爽やかな後味です。
e0177766_9192698.jpg
お茶請けは、ほうじ茶ピーナッツ、ダックワーズ、パレ
e0177766_9311236.jpg
SAHCHAS さんの美しいお点前は流石でした(*^^)v

初めてのお茶会なので緊張気味でしたが皆さんが暖かくて
楽しい時間を過ごす事が出来ました。
ありがとうございました(^^ゞ
by j_noel | 2011-07-07 17:17 | Tea | Comments(0)


愛犬や神戸北野町の事 大好きな物を綴っています                               
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Profille
2011年
中国茶、日本茶、紅茶、
ハーブティーのティーマイスターの資格を修得
現在ティーコンシェルジュとして色々なイベントの企画構成を手がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
My Website
*Diary2007 March ~
 Diary2009 July

*Maison Doux
*J-noel&B

・・・・・・・・・・・・・・・・・






カテゴリ
最新の記事
香川中国茶会 弥生
at 2017-03-01 18:18
Seiichiro,NISH..
at 2016-11-20 13:14
9月の神戸中国茶会のお知らせ
at 2016-09-17 14:10
香川中国茶会 文月
at 2016-07-06 22:00
発見Discovery
at 2016-06-19 22:53
以前の記事
最新のコメント
鍵コメ3月22日 14:..
by j_noel at 03:11
25日(金)に参加します..
by 衣笠正興 at 14:50
☆鍵コメKさま ありが..
by j_noel at 01:09
こんばんは、先日は久遠の..
by 衣笠 正興 at 03:35
☆鍵コメ2016-02-..
by j_noel at 10:30
衣笠さん ありがとうご..
by j_noel at 17:03
写真がとても素敵で、楽し..
by おのえ at 20:09
先日はありがとうございま..
by 衣笠 正興 at 19:21
2016-01-13 1..
by j_noel at 01:56
juncoさま 北野で..
by にゃま at 11:31
タグ
(834)
(164)
(151)
(141)
(128)
(123)
(120)
(106)
(105)
(103)
(97)
(86)
(61)
(52)
(50)
(49)
(43)
(42)
(35)
(33)
フォロー中のブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧