タグ:香り ( 35 ) タグの人気記事

THE O DOR のLapsang Souchong
e0177766_242939.jpg
紅茶の歴史で初めて誕生したフレーバーティー
すべてのお茶のルーツは中国にあります。
イギリスや世界各地で飲まれている紅茶も最初は中国だけで作られ
ヨーロッパへ輸出されていた歴史があります。
古くは、福建省の緑茶や烏龍茶がヨーロッパを含む
世界各地に売られていたのですが17世紀以降
ヨーロッパ人の好みに合わせて福建省では紅茶の生産を開始
その最初の中国産の紅茶がこの「正山小種」と言われています。

このオリエンタルなスモーキーフレーバーは
西洋にお茶という文化が伝わり始めた頃に
大ブームを巻き起こしイギリス皇室の献上品になるほどでした。
このお茶がきっかけとなりアールグレーが誕生したと言われています。
この味わいは現代でも多くの紅茶愛好家から親しまれているお紅茶です。

“Lapsang Souchong ”(ラプサン スーチョン)という名の由来
「正山」とは、茶の産地で知られる福建省武夷山を意味した言葉
武夷山以外の山で採れる茶葉は「外山茶」と呼ばれ
「正山」(武夷山)で採れる茶葉は少ないため
「小種」の名がついたといわれます。
「正山小種」は北京語読みでは「ヂョンシャンシャオゾン」となるのですが
その福建語読みがイギリス人に「ラプサン・スーチョン」(Lapsang Souchong)
と聞こえたらしく、その名でヨーロッパに普及したといわれます。
e0177766_2181635.jpg
独特の松の香りはとても力強くミルクティーにもぴったりです。
「正山小種」は茶葉の最後の製造工程で松の木を火でいぶして
その熱で茶葉を乾燥させます(燻焙)
そのため松の木の匂いのあるスモーキーで
独特なフレーバーを持つ紅茶になるのです。
その芳香はヨーロッパ人を魅了し、かのグレイ伯爵も
この「正山小種」をたいそう気に入り後に伯爵が
「アールグレイ紅茶」を生み出すきっかけになったといわれています。
かなり個性が強いですがフランス人は結構好きと言っています(*_*;
by j_noel | 2009-11-10 13:02 | Tea | Comments(0)

THE O DOR 金の紅茶
e0177766_1751414.jpg
先週末に届いたもうひとつのギフトは
一足早い“THE O DOR”Guillaume Leleuからの
X'masプレゼントでした\(◎o◎)/!
この紅茶の名前は“25DECEMBER”
e0177766_186398.jpg
美しいシャンパンゴールドの茶缶の随所に
SWAROVSKIのクリスタルが散りばめられています♪
X'masツリーのオーナメントに「25DECEMBER」
と書かれています。
e0177766_18221112.jpg
茶缶を開ける前からスパイシーな香りがプンプンしていて
胸の高鳴りさえ感じました!(^^)!

ブラックティーをベースにシナモン、ナツメグ、クローブ、柑橘系の香りに
マリーゴールドの花弁や柑橘系の皮などが入っていて
それだけでも充分X'masしていますが
一番驚いたのは桜の花弁の形をした金箔が沢山入っていた事です\(◎o◎)/!
「25DECEMBER」には“THE O DOR” の紅茶の集大成すら感じました!
e0177766_18471778.jpg
更に嬉しかったのは茶缶の底に
“EDITION LIMITEE”の文字が書かれてあり
“No018/100”世界限定100個の貴重な紅茶でした。
e0177766_18505243.jpg
Guillaumeに贈ったアルバムへのお返しのようですが
そのお返しは、あまりにも大きくて感激しました(^^♪
いつも素敵なお手紙も頂いてとても有難く思います。

余談ですが一緒に頂いた“1842 29 aout” にも
紅茶にゆかりのある数字が“18”とあります。
今回の“No18”も偶然でしょうがなんだか縁のようなものを感じました(^_-)-☆
大好きな紅茶の神様 Merci♪
by j_noel | 2009-11-04 16:46 | Tea | Comments(0)

THE O DOR の“1842 29 aout”
e0177766_2043896.jpg
パリから届いた素敵なギフトは“THE O DOR” の“1842 29aout”
今の所、日本では手に入らないレアな紅茶です。
茶缶の色も可愛くネーミングに興味があって
THE O DOR JAPANのK氏に問い合わせた所
紅茶ファンには、とても興味のあるお話が聞けました。

1842年8月29日はお紅茶の歴史の中でも大きな出来事がありました。
イギリスの紅茶人気が高まるにつれ中国からの
茶の輸入量は1年間で何百万ポンドまで膨れ上がり
その支払いにあてていた銀がどんどん中国へと流れていきました。
19世紀に入るとイギリスは銀の変わりにインド産のアヘンの輸出を開始しました。
中国では大量のアヘンが蔓延し1838年ついに清朝政府は
アヘン禁止令を発布したのでした。
そして、このアヘン禁止の強行が引き金となり
1840年アヘン戦争が勃発したのでした。
イギリス軍の侵攻はすさまじく1842年8月29日終結とともに
南京条約が結ばれたのです。

紅茶の歴史の中で紅茶をきっかけに起こったこの大戦争は、
現在の紅茶の流れのなかでは非常に大きな出来事と言えます。

この1842年とTHE O DORの会社名societe francaise des thes et de
l`orient1842略してS.F.T.O 1842となっていて
これもこのお茶の歴史に準えたものとなっているそうです。

このお茶は紅茶の歴史のポイントでありTHE O DORも
紅茶の歴史にポイントになるという思いがブレンドに込められているそうです。
e0177766_5491995.jpg
煎茶をはじめ数種のグリーンティーの茶葉に
赤いバラやオレンジの花の花びらをミックス
軽いスモークな味ライムの酸味とアーモンドの香りが印象的です。
e0177766_5355860.jpg
そして奇しくも今日は“紅茶の日” その由来は
1791年(寛政3年)の11月1日に伊勢の国(現・三重県)出身の
船頭・大 黒屋光太夫という人物がロシアの女帝・エカテリーナ2世のお茶会に招かれ
日本人として初めて本格的な紅茶を飲んだ、という逸話からきています。
しかし、なぜ日本人の船頭が遠く離れたロシア皇帝の
お茶会に招かれることになったのでしょう。
その裏には大黒屋光太夫の波乱に富んだ人生が隠されています。
その足跡とはこちらです。
by j_noel | 2009-11-01 20:25 | Tea | Comments(2)

キンモクセイ
e0177766_2014791.jpg
何処からともなく匂ってくる金木犀の香り・・・・・
e0177766_2033358.jpg
小さな花なのは知っていますが、
しみじみ見ると花弁がこんなに丸くなっているんですね!(^^)!
e0177766_2051332.jpg
マクロで写すと新発見が多いです!
e0177766_2062814.jpg
いつもの目線はこの感じですものね(^^ゞ
by j_noel | 2009-10-21 20:09 | Photo | Comments(6)

THE O DOR のCoincidence
e0177766_20105085.jpg
“THE O DOR” の新しい紅茶 “Coincidence”
“偶然”とネーミングされたブラックティー
パリのマダムがある課題をGuillaumeに出して
偶然出来上がった素晴らしいフレバーの紅茶です!(^^)!
e0177766_20155099.jpg
チャイナF.O.P.にエキゾチックフルーツの香り付け
Guillaumeお得意の花やドライフルーツは
散りばめられてはいませんが
隠されたエッセンスの香りがオリエンタルでフルーティー
ミルクティーにも合いそうです(^_-)-☆
by j_noel | 2009-10-18 20:08 | Tea | Comments(0)

Four minutes of love
e0177766_4551695.jpg
段々お茶が美味しい季節になって来ました!(^^)!
ガラスのポットもいいけれど南部鉄器のカラーポットも
この季節は、いいですよ♪
やはり冷めにくい・・・・そしてこんなにカラフルなので
インテリアとしてお部屋に飾って置く事が出来ます。
e0177766_522763.jpg
Four minutes of love
(お茶にお湯を注ぎいれ待つ幸せな時間)
とは“THE O DOR” のテーマです。
Four minutesとは4分かかるお茶の抽出時間
そしてそれに続くlove・・・愛

Guillaumeが抽出時間をどうして
愛と表現したかはこちら
お金では買う事が出来ない心の贅沢を
私は紅茶を飲む事やアロマテラピーで満たしています。
e0177766_5175560.jpg
今日このポットで飲んだのは
“HANAMI Imperial”
フランスから見たHANAMIのイメージをお茶に表現している
緑茶ベースでバラの花びらをブレンドしていますが
香りはサクラと不思議なお茶です。
by j_noel | 2009-10-08 08:08 | Tea | Comments(3)

THE O DOR のFleurs de Jasmin oishii
e0177766_22205575.jpg
“THE O DOR”のジャスミンティー“Fleurs de Jasmin”
Coffret “O5”(オーサンク)の“La vie en rose”(ばら色の人生)
の中に入っていてその香りの上品さにファンになり
単独の販売をK氏にお願いしていて実現した紅茶です。
e0177766_22314779.jpg
ブラックティーベースでたっぷりのジャスミンの花の香りが
飲み終わった後にも爽やかに残ります(^^ゞ
ジャスミンティー好きな方も“Fleurs de Jasmin”を
飲むと今まで飲んでいたのは何だったのだろう
と思うくらい美味しいジャスミンティーを味わえると
思いますよ(^_-)-☆

先日ワンちゃん仲間のご主人が
「久しぶりにBlogを見て紅茶屋さんをしたのかと思いました!」
少し苦笑いしてしまいましたが、そう言われる位に生活の中に
紅茶が欠かせなくなっています\(◎o◎)/!

今日みたいな雨の日には、お家でまったり
ティータイムを楽しみたいものです。
by j_noel | 2009-09-30 22:44 | Tea | Comments(2)

THE O DOR のGauguin
e0177766_169923.jpg
フランス人画家の“ゴーギャン”の
ネーミングの紅茶が“THE O DOR” にあります。
イメージは楽園を捜し求めたゴーギャンが愛した
タヒチをイメージしたトロピカルなフレバーティーを
ギョーム・ルールの魔法で素敵な紅茶に仕上げています。
e0177766_16165747.jpg
チャイナO.P.とセイロンF.O.P.にパイナップルのピースをブレンド
グアバ、キウイ、マンゴーなど
タヒチを思わすフルーツの香りが
南国にいる気分にさせてくれます。
気分転換にアイスティーにしても美味しい紅茶です(*^^)v
by j_noel | 2009-09-16 16:07 | Tea | Comments(8)

Privilege(プリヴィレッジ)
e0177766_22321240.jpg
“THE O DOR”の新作紅茶Privilege(プリヴィレッジ)
モロッコの王様の為に作られた“特別”と言う意味の紅茶

2009年11月にオープンするモロッコの最高級リゾートホテル
“Royal Mansour Marrakech” 
このホテルのオーナーはモロッコの王様なのです。
ホテルのオープンに向けて、フランスで1番のシェフ、パティシエ、ソムリエ
そしてティーブレンダーが選抜されホテルのために
最高の物を揃えてほしいとの依頼がありました。
そのティーブレンダーに選ばれたのが
“THE O DOR”のチーフブレンダーでありCEOのギョーム・ルールでした。
e0177766_22471130.jpg
モロッコではミントティーが有名ですが
ギョーム・ルールが王様の為にブレンドしたのは
ミントティーをよりエレガントに進化させています!(^^)!

ベースにしたのはルイボスティー
細かく鮮やかな緑のモロッコ原産の“ナナーミント”をたっぷりとブレンド
バラとキンセンカの花びらを散りばめてエレガントでゴージャスに仕上げています。
少し甘さを加えると一層香りが引き立ちアイスティーで楽しめます(^^♪

さすが“紅茶の神様”ルイボスティーとミントをブレンドするなんて
にくい演出ですね(*^^)v
私はPrivilege(プリヴィレッジ)を食事の後などに
健康茶として飲んでいますが
胃がスッキリしていい感じです!(^^)!
by j_noel | 2009-09-11 22:29 | Tea | Comments(0)

翠天酒家
e0177766_1285770.jpg
先日からはまっている元町にある中華“翠天酒家”に
またまたノンチママ、Nさんと行きました!
e0177766_1314432.jpg
海鮮焼きそば
e0177766_1331336.jpg
ミル貝の炒め物
e0177766_1341743.jpg
鶏の揚げ物オレンジ風味
e0177766_135228.jpg
豚のとろとろ煮
いつも最初に食べてしまっていて気がついて
写真を撮りだして後悔しています・・・・・・・
だって美味しい物に目がない食いしんぼうなんですもの(^^♪
by j_noel | 2009-08-15 22:26 | Gourmet | Comments(0)


愛犬や神戸北野町の事 大好きな物を綴っています                               
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
Profille
2011年
中国茶、日本茶、紅茶、
ハーブティーのティーマイスターの資格を修得
現在ティーコンシェルジュとして色々なイベントの企画構成を手がけています。
・・・・・・・・・・・・・・・・・
My Website
*Diary2007 March ~
 Diary2009 July

*Maison Doux
*J-noel&B

・・・・・・・・・・・・・・・・・






カテゴリ
最新の記事
香川中国茶会 弥生
at 2017-03-01 18:18
Seiichiro,NISH..
at 2016-11-20 13:14
9月の神戸中国茶会のお知らせ
at 2016-09-17 14:10
香川中国茶会 文月
at 2016-07-06 22:00
発見Discovery
at 2016-06-19 22:53
以前の記事
最新のコメント
鍵コメ3月22日 14:..
by j_noel at 03:11
25日(金)に参加します..
by 衣笠正興 at 14:50
☆鍵コメKさま ありが..
by j_noel at 01:09
こんばんは、先日は久遠の..
by 衣笠 正興 at 03:35
☆鍵コメ2016-02-..
by j_noel at 10:30
衣笠さん ありがとうご..
by j_noel at 17:03
写真がとても素敵で、楽し..
by おのえ at 20:09
先日はありがとうございま..
by 衣笠 正興 at 19:21
2016-01-13 1..
by j_noel at 01:56
juncoさま 北野で..
by にゃま at 11:31
タグ
(834)
(164)
(151)
(141)
(128)
(123)
(120)
(106)
(105)
(103)
(97)
(86)
(61)
(52)
(50)
(49)
(43)
(42)
(35)
(33)
お気に入りブログ
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新のトラックバック
venuscozy.com
from venuscozy.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧